4台目の電気扇風機考察

人間誰しも長い間ずっと考え続けていることのひとつやふたつはあるのではないかと思います。私の場合、その一例が「電気扇風機」という言葉の響きのおかしさです。

このブログでも、もう3回も取り上げています(2003年1月2006年11月2010年8月)。

そして、今回もう一度取り上げたのには訳があるのです。

最近ハイブリッド・カーを街でよく見かけるようになってふと思ったのですが、「電気扇風機」や「電機洗濯機」「電気冷蔵庫」などがわざわざ「電気」をくっつけた間抜けな表現であるのに対して、どうして「電気自動車」はおかしくないのでしょう?──と思ったからです。

今までにも書いて来ましたが、わざわざ「電気」をつけるのは、それが電気で動くことが当たり前でないからなのです。

自動車はもう百年以上ガソリンで動くのが常識でした。そこに新しい発想と技術によって電気で動くものが開発され、区別する意味で「電気」とつけたのです。

人の事例になぞらえるならば、男が幅を利かせていた職業に女性が乗り出してくると、そこに「女流○○」という言い方が誕生するようなものです。

「男流」という言葉がないのは、家事を除けば仕事という仕事は男がやるのが当たり前だったからです。それは「ガソリン自動車」という言葉がおかしいのと同じです。

私の祖母の世代にしてみれば、「ふーん、人が仰いでくれるんじゃなくて、機械が風起こしてくれるのか!」「箒とチリトリではなくて、電気仕掛けで掃除するのか!」「えっ、氷ではなくて、電気の箱で冷えるの?」という驚きがあり、それが「電気」という接頭語を固定したのです。

ま、大体こんなことは今までも書いて来たことです。しかし、今回はここからです。

では、電気で動くのが今や当たり前のものにわざわざ「電気」という接頭語が被せてあった場合、人は何を思うのでしょうか?

多分そういう時に人は、当たり前でない状態、つまり、今は当たり前なのだけれどそれが当たり前になるひとつ前の時代のことを想起するのではないかと思うのです。

そうするとクソ暑い中大きな葉っぱで仰いだり、氷で一生懸命冷やしたりという、今やほとんど誰もやっていない姿が浮かんできて、それがちょっと間抜けな感じがしておかしいのではないでしょうか?

「電気自動車」という表現がおかしくないのは、そのひとつまえの商品であるガソリン自動車は、今でもそこら辺をフツーに走り回っているからなのです。それは「電動歯ブラシ」が全くおかしくないのと同じです。

一方、ガソリン自動車という表現がおかしい(=違和感がある)のはガソリン自動車以前に自動車というものがなかったからです。電気扇風機がおかしい(=笑いを誘う)のは、このガソリン自動車がおかしいのとは全く異なる理由によるもので、それは人間が手で仰ぐしかなかった時代を彷彿させるからです。

どうでしょう、この説?

──ひとつ前の状態を想起させたときに、それが既に廃れた方法であった場合、わざわざ「電気」などの接頭語をつけた言葉が笑いを誘う。

まあ、ライフワークなので(笑)もう少し考えてみることにはしますが、割合説得力のある説明になっているのではないかと、自分では少し悦に入っています(笑)

Copyright©yama-a Jul.2013mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ