尿失禁パンツに思う

テレビの CM や新聞広告などで最近どうも引っかかる言葉があります。それは「尿失禁パンツ」です。

まず、「尿失禁」というのがくどいです。「失禁」はもっぱら尿が漏れる時に使う表現です。私は生まれてこの方、尿以外のものについて「失禁」という動詞が使われているのを見た記憶がありません。

だからこれは「失禁パンツ」で良いのです。あるいは(そういう名前で広告している場合もありますが)「尿漏れパンツ」で良いのです。

──と思って、一応念のために調べてみると、なんと、「失禁」という言葉は医学の世界では尿以外にも使うようです。これにはびっくりしました。何が漏れる時に使うかと言うと、それは「便」だそうです。

うむ、そうか、「尿失禁パンツ」はおしっこには対応できてもうんこには対応できないもんなあ。そこまで考えた上でのネーミングだとしたら、うーむ、ここは私の負けです。

しかし、それはそれとして、「尿失禁パンツ」「尿漏れパンツ」という形での、安易な「パンツ」との結合がどうもひっかかるのです。

「海水パンツ」(ほぼ死語ですかね)、「トレーニング・パンツ」(=トレパン。これも死語でしょうか?)、「カーゴ・パンツ」、「紐パンツ」などと比べて、なんか割り切れないものを感じませんか?

トレーニング・パンツはトレーニングするためのパンツです。でも、尿失禁パンツは失禁するためのパンツではありません。


民家に包丁を持った男が侵入し、留守番をしていた老女と孫の7歳の女の子を人質にして立て籠もったとします。そういう時に新聞の見出しなどでよく使われる表現が「包丁男」です。

「包丁男」って何でしょう? 満月を見ると狼になってしまうのが狼男。では、満月を見ると包丁になってしまうのが包丁男?

尿失禁への対策を施したパンツが尿失禁パンツ、包丁を持って暴行を働くのが包丁男──いずれも複雑な事情や成り立ちを2語に集約してしまう乱暴な造語です。私はそういう表現はどうも好きになれないのです。引っかかるのです。

熟語2つを連結して新しい熟語を作る場合、前と後ろはいろんな関係で結ばれています。例えば、

  1. 主語+述語(兄弟喧嘩、家族旅行、動機不純)
  2. 目的語+動詞(構造改革、初志貫徹、戦争反対)
  3. 修飾語+被修飾語(最高学府、長期休暇、連続殺人)
  4. 同格/対句(臥薪嘗胆、軽佻浮薄、花鳥風月)

などが考えられます。3)は内容面からもう少し細かく分類することもできます。例えば、

などなど。そして、それ以外にも単なる「の」としか言いようのないものも少なからずあります。

でも、「尿失禁パンツ」と「包丁男」ほど意味の見当のつかないものはありません。それは間の説明が飛んでしまっているからです。

こんな漏れのある名前の商品で、果たして本当に漏れたおしっこに対応できるのでしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ