日本のプラスティック

私の家の近所では漸く今年になってから「その他プラスティック」の分別ゴミ回収が始まりました。「その他」と言うのは多分「(それ以前に分別回収が実施されていた)ペットボトル以外の」という意味なのだと思います。

この分別回収によって自分がプラスティックという言葉に抱いていたイメージが随分変わったように思います。

そもそも我々はプラスティックという物質を、学校で化学式から学んだのではなく、現物を前にこれがプラスティックだと教えられ、その肌触りや質感を身を以て憶えたのでした。

私の祖母の世代は、プラスティックなどとは発音できるはずもなく(そのことはここに書きました)、またプラスチックとも言わず、当時の多くの関西人のおっちゃん・おばちゃんたちがそうしていたように、プラッチックと称していました。

そのプラッチックは、私の世代なら、大抵の少年にとって、まずプラモデルという形で目の前に現れたのではないでしょうか? あるいは筆箱であったかもしれません。

いずれにしても、それはつるっとしてある程度硬く、しかし押さえつけてみると少ししなる程度には柔らかい不思議な物質でした。

ところが、今年になって「その他プラ」の分別が始まってみると、あれもプラスティック、これもプラスティックだったのだということに改めて驚いたのです。

プラスティックという言葉を耳にして私の脳裏に浮かんでくる現物は、紙箱に入った組み立てる前のプラモデル、象が乗っても壊れない筆箱、おもちゃの電話機、安物のヘア・ブラシ、まがい物のウクレレ──そんな感じでした。

それがいざ分別を始めると、スナック菓子の袋やカップ麺の外側のフィルム、錠剤の入った銀色のパッケージ、桃などの果物にかぶせてある網、魚や肉のトレーや食品用ラップまでプラスティックであるということを知らされました。

私の感覚では、ある程度厚みがあって硬いものはプラスティック、シート状のものはビニールでした。それが飴の包み紙までプラスティックであると言われるとなんだかしっくり来ません。

しかし、前にも書きましたとおり、ビニール袋は英語では a plastic bag です。

そして、今回さらに調べてみて判ったのですが、これをビニールと呼ぶのはどうやら日本だけのようなのです。

ビニールというのはポリ塩化ビニルのことです。でも、全てのポリ塩化ビニルがビニールではありません。

日本ではシート状の柔らかいものは「ポリ塩化」を省略してビニールと呼ばれるのに対して、建材に使われる板状や筒状のやや硬いものは「塩ビ」と略されることが多いのだそうです。

これって非常に変です。

そして、それに輪をかけて変なのは、日本で「ビニール袋」と呼ばれているものの多くはポリ塩化ビニルでできていないのだそうです。つまり、日本ではポリ塩化ビニール以外の軟質プラスティックもなんとなくビニールと呼んでしまっているのです。

ああ、ややこしい。でも、ビニール袋に関してはポリ袋という言い方もあります。こちらは「塩化ビニル」を省略したのか!と思ったのですが、いや、これは「ポリエチレン」の略なのかもしれません。

花登筺のドラマに、ポリエチレンのことをポリチリリンと言う老婆が出てきたのを思い出しました。

ちなみに、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエチレン(PE)、ポリエチレンテフレタート(PET、所謂ペット)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)などはいずれもプラスティックの代表例です。

シャンプーの容器には「プラ」マークが付いて、「容器PE、ポンプPE・PP、フィルムPE」などと書かれています。これを頼りに分別すれば良いのです。 ペットボトルには「PET」マークの横に「ボトル」、「プラ」マークの横に「キャップ、ラベル」とありますので、ボトル部分だけはペットボトルに、それ以外は「その他プラ」に分別することになります。

話は変わりますが、ビニールの前にはセルロイドという素材がありました。これはプラスティックの一種なのかと思っていたら、どうやら違うみたいです。ただ、合成樹脂であることは間違いありません。

「青い目をしたお人形はアメリカ生まれのセルロイド」という童謡があったように、アメリカから輸入された人形などによく使われていました。私の姉が幼少の砌に遊んだのも多分セルロイド製の人形であったと思います。

ところが、これは燃えやすいという性質が問題になって、一気に廃れてしまいました。そして、その後は世界中がプラスティック一色の時代に突入したようです。

高校生ぐらいになると plastic は「可塑性の」という意味であることを学びます。そうか、熱を加えると柔らかくなり、好きな形に成形できるのか、と知ります。

そのことを知っていると、何故分別回収するのか、その理由が見えてきます。プラスティックってそういう意味だったのです。

ただし、現代の日本語ではプラスティックの意味するところは不明瞭で、ほとんど合成樹脂と同じ意味で使われているとか。なんという日本語の融通無碍。日本語という存在自体がプラスティックなのかもしれません。

そう言えば、ジョン・レノンはオノ・ヨーコと一緒にプラスティック・オノ・バンドという名前のバンドを組みました。

それを真似て、加藤和彦は最初の妻ミカをリード・ボーカルに据えてサディスティック・ミカ・バンドを結成しました。

日本のバンドと言えば、プラスチックスというのもありました。立花ハジメや佐久間正英が在籍したバンドで、日本のテクノポップの基礎を作り上げたバンドと言われました。

日本では日本独特のいろんなプラスティックが生成されているようです。

Copyright©yama-a Aug.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ