比喩の話

「人生とは旅のようなものです」というような言い回しがあります。これはある意味、非常に巧い説明です。そして、そういう表現を重ねて人を説得して行く人がいます。大変賢いなあと思います。

しかし、それが詩であるのならそれで良いのですが、ある種のロジックの中に放り込んだ時、比喩というのは大変危ないものであり、下手するとインチキなものだと私は思っています。

それは、比喩を用いることによって、喩えられたものと喩えとの共通点以外がするりと抜け落ちてしまう可能性があるからです。

例えば「人生は旅のようなものです」と言います。言われたほうは何となく「なるほど」と思ってしまいます。そして、言ったほうはその後「だから」と続けるのです。「だから道連れが必要です」とか「だから、たまには回り道をしてみても良いのです」などと。

しかし、ずっとそういう延長線で議論を進めて行くと、人生と旅とでは違う部分がだんだん取っ払われておかしなことになってしまうことがあるのです。 例えば人生は旅と違って、明確な自分の意志で開始したものではありません。繰り返すこともやり直すこともできません。そういう違いがすっ飛んでしまうことがあるのです。

そういうことを利用してペテンにかけることもできます。

例えば、「お金を持っていても使わなければ、それは作った料理を冷蔵庫に入れっぱなしにするようなものだ」から始めて、なんだかんだ比喩を重ねるうちに、「だから、あなたはこの株を買ったほうが良い」みたいなところまで持って行かれてしまう場合があるのです。

前にも取り上げたことがありますが、そういうことを大変面白おかしく書いた小説に清水義範の『たとえて言うならば』があります。集英社文庫の『日本語の乱れ』という短編集に収められています。

小学校の2人の国語教師が子供の教育をめぐって議論する中で、比喩を重ねるうちにどんどん本質から離れて行ってしまうという抱腹絶倒の小説です。

伊野は子どもたちに比喩の使い方の訓練をします。それを聞きつけた桜井が「伊野先生の指導法は子供たちに芸を仕込んでいるようなものですわ」となじります。

桜井は興奮してきて、さらに子供たちを甘いドロップに喩え、教師がやるべきことはドロップの純度を高めることなのに、伊野がやっているのはそれを綺麗なセロハンに包んでいるようなものだと言い募ってきます。

それに対して伊野は「とんでもない。子供は一枚ずつのタイルのようなものです」と反論します。自分はそのタイルに絵付けをしてごらんと言ってるだけだと言い返します。

すると桜井は「それはやっぱり子供たちに職人の芸を仕込むようなものだ」と反駁するのですが、伊野はそれを受けて「いや、職人の芸をみくびっちゃいけません」と反撃して、もう何のこっちゃ分からなくなってしまいます。

あ、全部書いちゃいました(笑) でも、全部書かないと面白さも私が言いたいことも伝わりませんので(笑)

清水義範は書いています。

たとえば制服に反対する人と、制服は必要だという人が議論したとして、反対の人がこう言ったとしてみよう。

「あなたの考え方は、子供の頭に決められた帽子を釘で打ちつけておくのがいいことだ、ということですよ」

それはむごいことだ、というのでこの人が議論に勝っていいのだろうか。そうではあるまい。

誰も帽子や釘の話なんかしてないですよ、と言わねばならない。そんな、妙なたとえ話をしないで、制服というものについて話しましょうよ、と
(同書73ページ)

これは私にとって思いもよらなかった指摘ではありません。むしろ逆で、ずっと思ってきたことをよくぞ書いてくれた、という類の文章でした。

以来私は、私に対して比喩を駆使して議論をふっかけてくる人がいると、必ずこの小説を思い出してしまうのです。そして、自分が誰かを説得しようとして比喩を使っているときにも、心の奥底に静かにこの小説が浮かんでくるのです。

相手が「ようなものだ」といった瞬間に、「それとこれとは違うでしょ」と反射的に反論するようになりました。自分から議論をふっかけるときも、表現上の比喩は良いが論述上の比喩は避けようと、かなり神経を使うようになりました。

え? そういうのって、「あつものに懲りてなますを吹く」ようなもんですって?

いえ、比喩を使わずに比喩の話をしませんか? 結構建設的なものになりますよ(笑)

Copyright©yama-a Sep.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ