誰も信じない(笑)

最近だんだん自分を信じなくなってきました。これもまあ、長いこと生きているうちに学習したんでしょうね。

そもそも私は、あちこちに書いておりますように、自分が観た映画や読んだ本の中身を見事に忘れてしまう質です。だから、観てない、読んでないと思っても、そうではない可能性が非常に高いということが最近になって(笑)解ってきたのです。

しかし、それでもついつい、「今まで生きてきて1回もこんなことはなかった」とか「これは生涯で一番◯◯だ」などと口走ってしまうのです。

口走る前に気がつけば良いのですが、いつもいつも細心の注意を払って会話をしているわけではないので、気がついたらついついこんなことを言ってしまっているのです。

で、口走ってしまってから「今までにもあったかもな」「生涯一番ではないかも」などと思うのです。

年とって頭がぼけてきたという捉え方もあるでしょうが、私自身は、長いこと生きていると、「一生」とか「生涯」とか言った場合、思い出すべき期間がどんどん長くなるので、憶えていなかったり思い出せなくても当然だと思っています。

だから、他人が「一生で初めて」とか「生涯で一番」とか言っていても、あまりまともに受け取らないで、「ああ、すごく感動したのか」とか「滅多にないことなんだ」と勝手に翻訳しています。

多分、そんな具合で丁度良いのです。だから、もしも私がそんな言い方をしていたら、是非ともそのくらいに割り引いて聞いてください。そのほうがこっちも気が楽だと思っています。

で、こういうことは話し言葉だけではなくて、当然ものを書く場合にも起こります。

このホームページの原稿でも、時々「あ、これは今までに書いたことがないテーマだ」と喜び勇んで文章を物し、ネットに上げてからふと気になって検索してみたら、過去そのテーマで2度書いていたとか、前にほとんど同じ趣旨の文章を書いていた、なんてことがよくあります。

気づいたのはアップした後で、読まれた方から既に何らかの反応をいただいていたりして、仕方なく放置してあるケースもあります。

年とって頭がぼけてきたという捉え方もあるでしょうが、私自身は、長いことホームページをやっていると、チェックすべき過去原稿がどんどん増えるので、憶えていなかったり思い出せなくても当然だと思っています。

ま、何が言いたいかというと、かつての(特に中学生時分の)私であれば、そんな不細工なことは自尊心が許さないみたいな面があったのですが、今、上に書いたみたいな考え方でいると、随分人生が軽く楽になったということです。

だから、まあ、そんなに構えずに今後も書いて行きたいと思います。だから、もしも私が限定的/断定的なことを書いていても、あ、割とすごかったのね、程度に理解していただければ、残りの人生に希望が持てそうな気がします。

ところで、今回の原稿はいつもとはちょっと趣が違うでしょう? 多分、こういうテーマで書くのは初めてだと思うのですが、念のために後で調べてみます。

はい、なんであれまずネットに上げてしまってから、後からでゆっくり探してみることにします。お陰様で、最近はそういう鷹揚さも少し身につけてきました(笑)

Copyright©yama-a Sep.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ