痛快ということ

最近、痛快という実感を得ることがなくなってきたような気がします。世の中から痛快という類いの感慨がどんどん消えているように思えて仕方がないのです。何故なのでしょう?

感慨だけが勝手に消えるはずがありません。むしろ、我々を痛快に思わせてくれる実体が減ってきていると考えるのが真っ当なのだろうと思います。

あるいは、痛快に感じることがもはやあまり魅力的なことではなくなってしまって、従ってことさらそれを述べ立てる機会もなくなってきたのかもしれません。

若い人の間では、「とか」とか「みたいな」とか「〜のほう」とか、ものごとをボカしてショックを和らげる(ことによって相手に対するある種の敬意を表す)表現ばかりが開発されて、すぱっと言い切って気持ちの良い言い回しが使われなくなってきました。

一方で、メッタ斬りなどという蛮勇を売り物にする物書きや評論家が跋扈して、公衆の面前でメッタ斬りにすることを、している自分だけではなく周りで見ている人たちも楽しいのだと勘違いしている輩も出てきました。

しかし、それは見ていて楽しい行為なのでしょうか? むしろそれは単に痛々しい行為なのではないでしょうか?

痛快というのは、それぞれの漢字の意味だけを繋げれば、「痛くて快い」ということです。メッタ斬りにされたら痛いばかりで快いはずはありません。見ているほうだって、行き過ぎたものには胸糞悪いだけです。

痛快というのは、辞書的な意味とは少しずれるかもしれませんが、私は痛いけど快いこと、痛いとこ突かれて「これはちょっと一本やられたかな」と思うくらいのケレン味のなさと斬れ味がなければならないと思っています。

辞書的な意味で言うと、この場合の「痛」は「痛飲」や「痛烈」などの例と同じく「激しく、大いに」という意味であって、「痛い」という意味ではありません。

ただ、だからと言って私は「痛快」を「とても快い」などというぼんやりとした表現に留めておきたくはないのです。

やっぱりそれは、痛いのに、でも痛々しくはならず快い感じだと思うのです。やられたほうも「ふっ、やられちゃったぜ」、見ているほうも「ははは、やられやがったぜ」という感じ。

でも、やったほうは「見たか、ざまあみろ」みたいな態度は取らない。ひと突きしたら矛は収めて、決してメッタ斬りにはしない──それが痛快ではないかと思うのです。

すごく抽象的な説明です。それを定義するのは難しいことです。ただ、痛快が痛快であるためのひとつの条件は、それが権威あるもの、権力を持つ者に対しての揶揄や批判であるということ、そして、それが(批判された側がほんの一瞬言葉に詰まるくらい)的を射ているということではないでしょうか?

あるいは、一種のスポーツマンシップであり、粋であるということなのかもしれません。

考えてみれば、痛快が衰えたのではなく、「反骨」や「粋」が廃れたのかもしれません。

私たちがまず異論をぶつけるべきなのは、自分と違う考えの持ち主ではありません。自分と違う考えの持ち主とは、基本的に互いに尊重しあって生きて行かなければならないのです。

むしろ、戦うべきは、そういう多様性に対する許容力に輪っかを嵌めて、我々を管理しようとする権力であり、権威なのです。

それに向かう1つの姿勢、しかも割合洒落た姿勢が痛快ではないかと思うのです。だから私は最近、痛快が廃れるというのはかなり危険なことではないかと思っています。

Copyright©yama-a Oct.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ