ワ行の行方

予備校時代のできごとでいまだに忘れられないことがあります。

古文の時間でした。今で言う加齢臭漂う(そのためにさんざん生徒たちに陰で揶揄されていた)先生が黒板に「天王寺公園」と書いて、「これを歴史的仮名遣いで書きなさい」とある男子生徒に言ったのです。

彼はたまたま天王寺公園に程近い高校を卒業した生徒でしたが、こいつがまたとんでもないすっとこどっこいで、先生が問題に出すくらいだから多分難しいに違いないと思ったのでしょう、こんな風に書きました。

てむなふじかふへん

一同爆笑でした。で、先生が書いた正解が、

てんわうじこうゑん

恐らく先生が一番言いたかったのは「王」はア行の「おう」でも「あう」でもなく、ワ行の「わう」であること、「園」もア行の「えん」ではなく「ゑん」であることだったのではないかと思います。

今では「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」、「お」と「を」はそれぞれ同じ音ですが、大昔には[i]と[wi]、[e]と[we]、[o]と[wo]という風に音が違っていて、それで表記方法も2つあったと聞いたことがあります(歴史的にそれが証明されているのかどうかは知りませんが)。

ただ、今のように完全に同じ音になってしまうと、例えば「これは『じ』だったか『ぢ』だったか? 『ず』だったか『づ』だったか?」と迷うのと同じように、途端に区別がつかなくなります。

すでに、漢字から見てかつては「ぢ」であったと思われるものが「じ」と表記される例が増えています(例えば「地震」など)。それを考えるとやがて「ゐ」も「ゑ」も「を」も消えてなくなるのではないかと思います。

それは言ってみれば「こんにちは」が「こんにちわ」になる瞬間です。

もっとも、現在「を」が使われるのは格助詞「を」としてだけであり、そのため逆に「を」と書いてあればそれが格助詞であることはひと目で分かるので、その便利さによって「を」だけは残るかもしれません。

昭和の時代に首相を務めた政治家・三木武夫が「国会」を「こっくゎい」と発音していたのは有名な話で、私自身もリアルタイムで何度も聞いています。

その時も私は、現在は[ka]に統一されている音もかつては[ka]と[kwa]の2通りに分かれていたのだ教わりました(これも証明されているのかどうかは知りません)。

さて、話は元に戻りますが、この「天王寺公園」で先生が教えようとしたことも、多分それと似たり寄ったりのこと(1つの音に2つの表記がある)であったのでしょう。ただ、一点だけどうも腑に落ちないことがあるのです。

「天」[ten]と「王」[ou]が繋がる時にリエゾンするからこそ、「天王寺」は「てんおうじ」[ten-ouji]ではなく「てんのうじ」[tennouji]になるのです。しかし、「王」が[wou]であるなら「天」と「王」はリエゾンせずに[tenwouji]になるはずではないですか?

その部分に納得が行かず、私はこの時の先生の教えは間違っていたのではないかという思いが、ずっと頭の中でくすぶってきたのでした。

でも、今考えなおしてみると、こういう推測も成り立ちます。

まず[ou]と[wou]が先にひとつの音[ou]に統一され、その後で「天」と「王」がリエゾンし、晴れて「天王寺」は[tennouji]になった。しかし、表記だけはずっと「わう」のままで残った。

──そういう説明であれば理屈は通ります。

whisky の日本語には3通りの表記があります。

  1. ウイスキー
  2. ウィスキー
  3. ウヰスキー

昔の日本人は皆1)の発音をしていました。と言うか、1)の発音しかできなかったのです。

ニッカはかつて3)の表記でした。しかし、「ヰ」が「ウィ」[wi]に相当するとすれば、この字をそのまま音に移した時には[uwisuki:]となってしまい、ややくどい発音になります。

結局英語の原音に一番近いのは2)ではないかと私は思います。

「ウィ」が出てきて「ヰ」という表記はなくなりつつあります。既にニッカの「ウヰスキー」と森鴎外の「ヰタ・セクスアリス」以外の使用例を思い出すこともかなわなくなってきました。

同じく「ウェ」が出てきて「ヱ」という表記はほぼ消えてしまいました。

「ヲ」に変わる表記が新しく出てきたりはしていませんが、しかし、[kwa]と同様、すでに日本語から[wo]という発音は消え、大部分は「オ」という表記に取って代わられようとしています。

「ヲ」はどこへ行くのでしょう? 消えるのか、残るのか? あるいは「ヲタク」の人たち専用の表現になるのでしょうか?

Copyright©yama-a Oct.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ