難読漢字とは何か?

このコーナーで昔難読漢字を取り上げたことがあります

その時にも書いたのですが、何が「難読」か?と言われると、これは却々難しいのです。字というものは、結局のところ「知っていたら読めるけど知らなかったら読めない」ということに尽きるからです。

例えば、今私が書いた「却々」は、知っている人なら「なかなか」と読めますが、知らない人には却々読めません。

じゃあ、知らない人が多いのが難読漢字かと言えばそうでもなく、知らなくても想像のつく漢字も多くて、正しい読み方がその想像の通りであれば、それは難読漢字にはならないのです。

例えば、「謙遜」という文字を初めて見たとします。初めて見たので読み方は知りません。でも、「兼」は知っています。ケンです。「孫」も知っています。ソンです。そうやって、ヘンやカンムリなどを取っ払ったツクリから正解にたどり着けるものは難読には入らないのです。

実はそういう訳に行かないものもたくさんあって、例えば「汎用」はボンヨウではなく、「垂涎」はスイエンではなく、「言質」はゲンシツではなく、「罷免」はノウメンではなく、「脆弱」はキジャクではありません。

そういうのが難読っぽいのです。

亡くなった私の伯母は、俳優の中尾彬さんのことをナカオスギと言ってました。スギじゃなくてアキラだと私が言っても、「なんでやねんな。木ヘンに杉やからスギやろな」と言って譲りませんでした。

これは知らなければ読めないのです。だから、ある種「難読」になる資格があります。

「資格がある」と書いたのは、それでもみんなが知っていればそれは難読にはならないからです。あとは中尾彬さんがどれだけ有名か、自分の身の周りにどれだけたくさんの「彬さん」がいるかという問題になってきます。

「彬」を「木ヘンに杉」と分解したのは伯母らしいなと思います(私なら「林」と「彡」に分解してしまうでしょう)。

でも、分解しても読めない、想像のつかないものもたくさんあります。「畢竟」の「畢」とか「釣果」の「釣」とか「矜持」の「矜」などは、要素に切り分けてみても読めるものではありません。

それから、普段からあまり例の多くない、馴染みのない読み方をする場合があります。例えば「相殺」。この場合はサツではなくてサイなのです。これは他にも「減殺」などの例があります。

あるいは「殺生」の時はセツ(この場合は促音化してセッ)なのです。こういう読み方の例も他にもないわけではないですが、俄に思いつかないほど数が少ないのです。

漢字の音読みには漢音、呉音、唐音、宋音のほか、慣用読みもあって、そこにまた数多くの訓読みが加わるので、推理をして読みを当てるのはそう簡単なことではありません。

読めるか読めないかは、要は同様の例が多いかどうかにかかってくるのです。

さらに、漢字の意味に古来の日本語をあてがったものもあります。例えば「東雲」(しののめ)とか「東風」(こち)なんてのは、知ってたら読める、知らなければ読めないものの典型です。

でも、何度も書いているように、周りに例が多ければ読めるのです。「東海林さん」がショウジさんと読めるのは、長い人生でひとりくらいは東海林さんを知っているからなのです。

同様に、まだ漢字に対する先入観がなかった小さい頃に習った漢字は決して難読にはならないのです。

前にも書きました通り、例えば「人間」、例えば「時計」、例えば「図書」──大人になってから初めて出会った熟語だったら、とてもニンゲン、トケイ、トショとは読めないでしょう。「外科」もそうです。

でも、小さい頃に「外科」を習うから「外道」はガイドウでないとしたらゲドウかな?と想像がつき、「人間」を知っているから「一間、二間」をイッケン、ニケンと読むと言われても納得が行くのです。

小さい頃に習ったものは難読にはならず、難読にならなかった珍しい読み方が、別の難読の解明を助ける──というのは非常に面白い構造だと思います。

小さい頃には難しい物なんてなかったのです。そのことを思い出すと、人生は容易いものになるのかもしれませんね(笑)

Copyright©yama-a Nov.2013mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ