みんなの問題

新聞記事ではみんなの党が「みんな」と略されています。もちろん、その記事の中で最初に出てきたときは大抵「みんなの党」と書いてあるのですが、2度目からは「みんな」と略されるのが普通です。

だから、まあ、記事を最初から最後まで落ち着いて読んだら解ることではありますが、しかし、「みんな」と書かれるとついついみんなのことではないかと誤解してしまうのです。

「この法案にみんなが反対して」とか「みんなが厳しく追及」などという表現は、将来、その時にまだみんなの党が存在すれば良いのですが、例えば解党してしまってから20年後に読んだとしたら、みんな間違えずに意味が取れるのでしょうか?

特に今日(2013/11/19)の朝刊の「与党・みんなが修正合意」などという大見出しを見ると、「全与党」の意味だと思って、「与党って自民と公明と、あとどこだっけ?」と考えたりしてしまいません?

みんなの党がみんなの党というネーミングを採用したことには、究極的には本当にみんなの党でありたいという気持ちが込められているのだということはよく解ります。

しかし、現実のところ、みんなの党は現時点では少数政党であり、仮に支持者や党員がどんどん増えたとしても、最終的に100%みんなの党になることはありません。一党独裁の革命でも起こさない限り、みんなの党は決してみんなではないのです。

そんなことは記者の方々もみんな分かって書いているのでしょうが、しかし、それにしても、現実にみんなでないものがみんなと略されると、これは分かり辛いなと思うのです。

少し構造は違いますが、これはかつて書いた「モーニング娘。」の問題に通じるものがあると思います。

「モーニング娘。」はグループ名に句点(。)を含んでいるので、このように括弧で括って書けばそれほどでもないのですが、そのまま書かれてあると、どうしてもそこで文章が終わっていると勘違いしてしまうのです。

それを考えると、みんなの党も常に「みんなの党」あるいは「みんな」と書いてあれば識別しやすいのですが、みんなの党だけカギ括弧付きになるのは、不公平ではないにしても不統一で不細工だし、かと言って、全部の党名にカギ括弧をつけるのは不経済と言うものです。

日本維新の会を「維新」と略してあってもそれほど紛らわしくないのに対して、みんなの党を「みんな」と略すと途端に分からなくなるのは、「みんな」が政治経済や時事問題に直結しない、あまりにも一般的な単語であるからだと思います。

社会党が最大野党であった時に「社会」と略してあってもそれほど間違わなかったのは、(「社会が許さない」などの用法はあるにせよ)「みんな」ほど頻繁には主語にならない単語であったからかなあ、などと思ったりもします。

つまり、みんながみんな「みんな」が紛らわしいと思うのは、構造的な問題ではなく、「みんな」という単語本来が持つ意味と語感の問題なのだと思います。

それを避けるためには、やはり「みんな」という単語を崩すしかありません。

例えば「み党」と略すのはどうでしょう? これなら随分分かりやすいと思うのですが。

思えばまさに社会党が最大野党であった時代、アメリカ合衆国のキッシンジャー大統領補佐官(後に国務長官)は、当時の新聞で「キ氏」とか「キ長官」と略されることがありました。当時小中学生であった私は、てっきり南ベトナムのグエン・カオ・キ司令官(後に首相)のことだと思って新聞(の見出し)を読んでいたものです。

最近こういう略し方がめっきり減ってきました。やはりこれはこれで分かりにくいからなのでしょうか?

でも、私は「みんな」よりも「み党」のほうが分かりやすい気がするのですが、みんなはどう思いますか?

Copyright©yama-a Nov.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ