略語の分界点と限界点

略語については過去何度か書いてきました(日本語についてはこことかここ、英語についてはここから連続3回)。

年を取ってくると却々新しい言葉が覚えられないのは仕方がないのですが、しかし、全くの新語ならいざ知らず、略語だと思われる単語が元は何だったのかも見当がつかないのは淋しい限りです。

でも、これは私の頭の問題ではなく、むしろ略語の作り方の構造に問題があるのではないかと思うのです。

例えばコスパって何ですか?──コスト・パフォーマンス? これを了解するのに随分時間がかかってしまいました。

前にも書いたように、日本語で略語を作る基本パタンは、私の分類で言えば「エノケン型」で、結合する前の2つの単語の上から2文字(または2音)ずつを取ってくっつける方法です。

つまり、コスト・パフォーマンスならコスパフォではないかと思うのです。──フォが発音しにくい(あるいは表記すると1字多くなる)からその前で切ったのだと?

ならばラノベって何ですか?──ライト・ノベル? 従来の略し方だったら、これは間違いなくライノベなのでした。これなら発音しにくくないし、2文字(音)ずつ取ってくることによって、元の単語の想像がつきやすいのです。

ひらかたパークはあくまでヒラパーであってヒラパではありません。パンティ・ストッキングはあくまでパンストであってパストではありません。

パーソナル・コンピュータをパーコンではなくパソコンにするといったアレンジこそあれ、いずれも合計4文字(音)です。

長い1単語を略する場合も、インストゥルメンタルがインスト、コンサバティブがコンサバと、落ち着く先は4文字(音)でした。

なんで2+2=4パタンではなく、このような2+1=3や1+2=3パタンが増えてきたのでしょう? 1字(音)でも短くしたいから?

ならば、かつてベース・アップをベアと略したように、コパやラノにすれば良いのではないでしょうか? それだと分からないから?

いやいや、3文字でも分からないです。おじさんはメアドもラノベもコスパも、最初は何のことだか分からずに、暫く考えたのですよ。

どうしてメル友やヘビメタやコスプレという4文字(音)パタンが崩れて、3文字(音)パタンが出てきたのか、それが不思議でならないのです。 そのうちにメ友、ヘメタ、コプレなどと言い習わすようになるのでしょうか?

日本語の略語の良さは、元の言葉が何だったのか想像がつくことだと思います。これが短くなると、英語のアクロニムと同じく、知っていなければ全く見当がつかないものになってしまいます。

それは惜しいなあ、と私は思うのです。4文字(音)くらいに留めておくのがほどよいところではないかなと思うのです。

経済性を追求してあまりに言葉を惜しむと、意味が通じなくなるという事態の縮図が、この略語の作り方の中にあるように思います。

そして、ついついそういう傾向に走ってしまう社会の縮図が、ここに見て取れるように思えてならないのですが、考え過ぎでしょうか?

Copyright©yama-a Dec.2013mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ