今年の漢字

今年の漢字が「輪」に決まりました。私はすぐにピンと来ずに、「なんで輪?」と考えこんでしまいました。

「輪」と言われて「五輪」には思い至らず、車輪など輪状のものや、そこから抽象的な意味に転用されたサークルとか輪廻などといった言葉を思い浮かべていました。

毎年「今年の漢字」をお坊さんが墨書するところがニュースになるので、私はてっきり清水寺の貫主様が決めておられるものだと思っていたのですが、そうではなかったのですね。今ごろになって初めて知りました。

俗世を離れた偉いお坊さんが選んでいるのに、よくも毎年毎年市井に馴染んだポピュラーな漢字を選ぶものだと感心していたのですが、漢字能力検定協会が一般から公募して一番多かったものが選ばれるのだと聞いて、なんだかちょっと興醒めしてしまいました。

妻はこれを聞いて即座に「オリンピックは今年じゃないじゃない」と言いました。確かにそうです。今年は開催が決まっただけで、東京オリンピックが実際に開かれるのは2020年です。

今年「輪」を使ってしまうと、2020年には何を選ぶのでしょう? まさか「五」ですか?

2000年のシドニー五輪と2012年のロンドン五輪ではともに「金」が選ばれています。なーんだ、同じ漢字が2回選ばれるのもアリだったのですね。ま、一般公募の最多得票が自動的に選ばれるのであれば、重複を排除することはできないでしょう。

そうなると2020年も順当に行けば「金」か「輪」ですね。そう思うとなおさら興味が削がれる気がします(笑)

ちなみに、アテネ五輪の2004年は日本は台風や猛暑などの天災続きで「災」、北京五輪の2008年はリーマン・ショックの年で「変」が選ばれています。きっとオリンピックどころではなかったのでしょう。

そういう観点から眺めてみると、阪神淡路大震災の1995年は「震」、和歌山カレー事件の1998年は「毒」、米国同時多発テロの2001年は「戦」などと厳しい漢字が並んでいるのに対して、同じ地震でも東日本大震災の2011年が「絆」だったのは少し救われた気がします。

この際、暗いニュースは「金」「輪」「際」にしてもらいたいものです。

Copyright©yama-a Dec.2013mark

目次へ 次号へ 前号へ