大便と小便の不便

日本語の表現の中で、私は小さい頃からずっと納得の行かないことがあります。尾籠な話で申し訳ないのですが、それは「大便」と「小便」です。

清水次郎長の子分の大政と小政を例に出すまでもなく、世の中に同類のもの・名前の似たものがあると、それに大小をつけて区別するというのはよくあるやり方です。

大小が文字通り「大きい」「小さい」を表すこともあるでしょうし、少し転じて量が多い/少ないなどを表すこともあるでしょう。もっと比喩的に地位が高いのか低いのかというような場合もあるでしょう。

しかし、それを大便と小便に適用するのは如何なものでしょう?

文字通りの「大きい」「小さい」でなくても、例えば「大雨」「小雨」のような場合は、降っている中身は同じなので、それが量や激しさの違いなのだと想像がつきます。

しかし、大便と小便の場合は、片方は固体、片方は液体なのです。

私はこれが子供の頃から納得が行きませんでした。

固体と液体であっても、確かに量を比べることはできます。そして、大抵の場合は大便のほうが小便より量は多いでしょう。でも見た目の形状の違うものをそういう風にくくってしまうことに、私は何か気持ちの悪いものを感じて来たのです。

大男と小男の場合はどちらも男です。大便と小便もどちらも便じゃないか、と言われるかもしれませんが、大男と小男は、どちらも人間で、男性で、頭があって手足があって、大きい小さいの違いはあるけどよく似ています。

大粒と小粒はどちらも粒です。大判と小判はどちらも金貨です。大脳と小脳はどちらも脳で、大腸と小腸はどちらも腸です。

大便と小便はともに排泄物であるとはいえ、形状も匂いもかなり違います。それをどうしてひとまとめにするのか? いや、それよりもひっかかるのは、その2つを大小で比較しようという感覚です。

それに近い(つまり、体積の比較ができないものに大小を当てはめる)例を探そうとすると、大吉と小吉、大学校と中学校と小学校あたりまで拡張しなければなりません。しかし、吉凶や学校は物理的な「物」ではありません。

物理的な実体のある「物」に大小の修飾をつけておきながら、直接の大小を表すのではないとするところに無理があるのではないでしょうか。

「固便」と「液便」なら分かります。見た目の違いを素直に区別しています。

固体と液体の違いを大小で表していまうような非論理性は、他国の言語を調べたわけではないですが、日本語に特徴的であるような気がしてならないのです。

そして、私はそういう日本語の非論理性が、というよりも、日本語に現れている日本人の特性が、時々嫌になるのです。

ひょっとして、私のこういう糞尿趣味のテーマ設定が嫌になったようなら謝りますが(笑)

Copyright©yama-a Jan.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ