アクセントの区別と変化

アクセントのことを文字で書くのは非常に難しいものですが、たまたま私の場合は放送局に務めているので、アナウンサーという、ある意味アクセントの専門家からいろんなことを教わることがあります。

先日某アナウンサー(女性)が社報に書いていた文章が面白かったので、今回は大半がその受売りになってしまいますが、私の考えも交えて書いてみたいと思います。

若者の発音が平板なアクセントになってきたというのは、もうここ何年も指摘されていることです。

2004年に公開された宮藤官九郎脚本の映画『ドラッグストア・ガール』(本木克英監督)で、「マジで?」という台詞の「マジ」をフツーに頭高に発音するか平板に発音するかで言い合うシーンがあり、これが妙に面白かったのをよく憶えています(しかし、今思えば台本上はあのパートはどういう風に表記してあったのでしょうね)。

これは年輩者=頭高 vs 若者=平板という構図に加えて、年輩者が一生懸命若者のアクセントを真似する図で笑わせたものですが、2つのアクセントにはそういう対立軸があるだけではないことを、件の女子アナの文章で知りました。

それは、同じ単語をアクセントによって使い分けるという技です。

例えば、「バッテリー」を頭高に発音すると野球のピッチャーとキャッチャー、平板に発音すると(自動車用などの)蓄電池になります。

「サポーター」は頭高なら関節などを保護するために体に装着するものですが、平板に発音するとサッカーのチームのファンということになります。

頭高の「パンツ」は下着ですが、平板の「パンツ」はズボンです。

頭高の「クラブ」は部活、あるいはおねえさんがお酌してくれるバーですが、平板に発音すると、音楽に合わせでダンスすることになります。

「ライン」は従来の「線」の意味であれば頭高に発音しますが、ソーシャル・アプリの場合は平板になります。

どうです? 結構たくさんあるでしょ? しかし、これらは必ずしも年配 vs 若者という構図で説明できる現象でもないんですよね。

件のアナウンサーは、この現象について、「使われる頻度が上がってくるとアクセントは平板化する」という説を紹介して文章を結んでいたのですが、私は少し違うように感じます。

これらの例を並べると、明らかに後から出てきた表現のほうが平板なアクセントなのです(ひょっとすると「バッテリー」だけは違うかもしれませんが)。

ということは、やはり時代とともにアクセントは平板化する傾向があって、若い人、即ち新しい時代に生まれた人ほど平板な発音をするということなのかなあと思ってしまいます。

そうなると、そのうちに、単純に「線」という意味でのラインも平板なアクセントになってしまって、音では意味が区別できなくなるのかもしれません(その時までライン・アプリが残っているとしての話ですが)。

いや、まあ、でも考えてみたら、こういう使い分けがちゃんとできているのは比較的若い世代だけで、年配の方にはそういう技を望むべくもないのかもしれません。

この話はあちこちでもう何度も書いた話ですが(私はそれくらい気に入っているということです)、若い女性2人の会話を電車の中で聞くとはなしに聞いていて、ドキッとしたおじさんの小咄があります。

ミニスカートを履いた女性2人の隣で仰天するおじさんの姿を想像してみてください。

女1:ああ、私やっぱり今日パンツ履いてくれば良かった。
女2:私も。
おじさん:(@_@;)

ちなみに、この小咄は件のアナウンサーが書いたものではありません(笑)。お後がよろしいようで。

Copyright©yama-a Feb.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ