走らんかいメロス

ネット上で面白い記事を読みました。どこかの高校生が太宰治の小説『走れメロス』においてメロスが走っている速度を算定したのだそうです。

私がメロスを読んだのはもう何十年も前なのでどんな風に書いてあったかはまるで憶えていないのですが、小説の中には当然時間の経過や現在位置を記す表現があったのでしょう。

そこからメロスのスタートから現在までの時間と距離を割り出して、距離を時間で割ると速度が算定できます。

で、その結果判ったのは、メロスはほとんど歩いていると言っても良いくらいの速度でしか走っていなかったということなのだそうです。

これは文豪太宰がそんな緻密な検証までせずに小説を書いていたということを如実に語っているに過ぎませんが、面白いのはこの研究をした高校生が、「これでは『走れメロス』ではなく『走れよメロス』と言いたいところです」と文章を結んでいるところです。

大喜利なら座布団3枚渡しても良いくらい上手いなあと思います。ところで、ここで私ははたと考えたのでした。

何故「よ」が付くだけで日本語の意味するところはこんなに変わってしまうのでしょう?

「走れメロス」なら愛する友のために一生懸命走っているメロスに対する声援であり、鼓舞激励です。ところが、そこに「よ」が付いて「走れよメロス」になった途端に、それは真面目に走らないメロスに対する非難であり、命令になってしまいます。

「よ」を国語辞典で引いてみても「念を押す意味の終助詞」という程度の説明しかありません。それだけでは、何故「よ」がないメロスは走っていて、「よ」があるメロスは走っていないのかが見えてこないのです。

(「よ」が「よ」なら、とはこんなことを言うのかもしれませんw 閑話休題)

しかし、それは、我々が普段どういう局面で念を押し、どういう気持ちでどういう場合に命令文に強調の終助詞を添えるのかを考えれば解ります。

何度言っても真面目に走らないから、ちょっと目を離すと歩いているから、どこからどう見ても走りそうにないから、あるいは、一見必死で走っているように見せかけてはいるけれど実は全力で走っていないことが透けて見えているから──そんな局面で我々は「走れ」に念を押す終助詞「よ」を足して「走れよ!」と怒鳴るのです。

そして、それでも走らない相手に対しては、ついに業を煮やして「走らんか(走らんかい)!」となるわけです。

つまり、単語が固有に持っている意味が局面を表しているのではなく、その単語が頻繁に使われる局面や状況が、その単語に用法と意味を与えている、とは言えないでしょうか。

面白いでしょ? 面白いと思いませんか?

え? そんなに面白くない? もっと面白いことを書けよ、って? もっと面白いことを書かんかい!って?

ワロス。

Copyright©yama-a Feb.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ