整髪料で語る世代

使っている整髪料で世代が判るという話を聞いて、なるほどと思いました。皆さんは何をお使いですか?

思いつくものを、私のいい加減な記憶に基づいて(笑)できるだけ年代順に並べてみましょう。

まずはポマード。これが近代的整髪料の第1号でしょうか。それまでは天然の油を使っていたみたいです。ずっと何語なのだろうと思っていたのですが、どうやらラテン語を起源とする英語もしくはフランス語のようです。

私の祖父以上の世代はもっぱらこのポマードでした。

その後がこれだ、と言えるのかどうか分かりませんが、私の知る限りでは次に来るのはヘア・リキッドです。私の父の世代、あるいは(私には兄はいませんが、もしいたとしたら)年の離れた兄の世代は専らこれだったのではないでしょうか。

ただ、上記2つはいずれもベタベタしたものでした。私はそのベタベタがどうしても好きになれず、一度も使ったことがありません。

その後がヘア・クリーム、そしてジェルでしょうか。いよいよ私の世代の登場です。

ヘア・クリームというのはどちらかと言えば、前世代が使っていたものですが、当時のファッションの教科書(私の世代の話なのでトラディショナル、所謂アイビーの、ですが)にはヘア・クリームとジェルを1対1で混ぜると良いなどという記述もありました。

まあ、私はジェルだけを使うことが多かったように記憶しています。

また、それまで女性は概ねヘア・スプレーだったのが、部分的にジェルで固めるような技が出てきたのもこのころだったのではないでしょうか。

話は変わりますが、そのころ男たちは、風呂あがりには必ずヘア・トニックをつけたものです。もちろん今でもそういう人はいるでしょうが。

何故ここでヘア・トニックに触れたかというと、私が20代のころですが、会社になんとヘア・トニックを整髪料代わりに使っている人がいたからです。当時40代の人だったでしょうか。

ヘア・トニックで「整髪」できたかどうかははなはだ疑問ですが、使っている人がいたのだからどうしようもありません(笑)

さて、ジェルとほぼ時期を同じくして、あるいは少しだけ遅れて出てきたのがヘア・ムースでしょう。これは全盛期が長かったのではないでしょうか。

私もジェルだと固く固まりすぎるので、すぐにムースに乗り換えました。ムースは種類が豊富で、ヘビメタの人が髪の毛をおっ立てる用途のものから、柔らかく髪の毛を流しておくものまでありました。だから広がったのでしょうね。

その後私は、もっとサラサラ感を出したくて、新しく出てきたヘア・ウォーターなるものに一時移行しました。ただ、これは本来寝ぐせ直し用のものであり、整髪料としては少し弱い存在でした。

で、そうこうするうちに、いつの間にやらヘア・ワックスなるものが出てきていました。今の若い人の多くがこれを使っているのではないでしょうか。

先日私が通っている理髪店で、私の隣で髪を切りながら、「ワックスとジェルを1対1で混ぜると良いよ」と若い客にアドバイスしている職人さんがいて、なんだか懐かしい気がしました。

さて、ワックスで終わりかと思っていたら、なんと今度はヘア・ジャムなるものが出てきました。

珍しく早速私も使ってみました。で、私の買った赤いケースのやつだけなのか、それとも全部そうなのか定かでないのですが、ともかく手のひらに出してみたら、なんと赤いジェル状のものではないですか!

ははあ、赤いからジャムって言うんでしょうか? 確かにヘア・クリームはクリーム・パンの中のクリームみたいに白かったですもんね。

しかし、考えてみたら単純な液体(ヘア・リキッド)から半分気体になった噴霧(ヘア・スプレー)、そして半分固体のゲル状のもの(ジェル)、空気の混じった泡状のもの(ヘア・ムース)まであり、水(ヘア・ウォーター)があるかと思えばちょっと強めのトニック(ヘア・トニック)もあり、おまけにクリーム(ヘア・クリーム)もジャム(ヘア・ジャム)も揃っています。

そのうちに「ヘアあんこ」まで出て来るのではないかと、ちょっと心配しています(黒かったら絶対あんこですよねw)

新しい商品に新しいネーミングをして、新しい機能の新製品として売り出すのが資本主義・商品社会の常道です。しかし、それにしても商品に名前をつける人も大変だなあと思います。

Copyright©yama-a Mar.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ