伝えたい気持ちは ON

1年くらい前に電車の中吊りで見たマナー広告:

携帯電話の電源は OFF
思いやる気持ちは ON

皆さんはこれを見てどう思います? 私は「なんか違うなあ」と思ったのです。では、これはどうでしょう?

座るスペースは最小に
思いやりは最大に

そう、これもそうです。私は逆ではないかと思うのです。

この2つとも、1行目を見ただけで事足りてしまいます。先を読む必要がありません。先を読んだら読んだで、今度は急に説教臭くなってしまいます。これが交通標語やマナー広告である限り、それではダメなのではないでしょうか?

私ならいきなり説教臭く行きます:

思いやる気持ちは ON
携帯電話の電源は OFF
思いやりは最大に
座るスペースは最小に

日本語には結論が後に来るという特性があります。だから、この順番で良いのです。マナー広告が言いたいことは、ともかく電源を切れということであり、席を譲れということです。

もちろん、それは思いやりの心の結果であってほしいものですが、電源を切る、席を譲るという具体的行動が得られるのであれば、とりあえずは偽善でも見栄でもなんだって良いのです。

だから、まるで人に思いやりの気持ちを持たせるなどという偉そうなことを結論にしているような文章よりも、私が書き換えた文章のほうが人を動かすのではないでしょうか。

この語順にすることによって、1行目は抽象論になります。でも、抽象論だからこそ先が読みたくなるのです。

いきなり電源を切れだの席を譲れだの言われると、ついつい「うるせえな」という気になってしまいます。そこに「思いやりを大切に」と被せて来られると、「お前には思いやりがない」と責められている気になります。

それでは人が動かないのではないでしょうか?

「思いやる気持ちは ON」って、ちょっと何を指して言っているのか分かりませんよね。「え、何のこと?」と思って先を読むと「気持ちが ON になったら電源は OFF にできるよね」と言われてストンと落ちる──というのが私の分析です。

「なるほど、ON と OFF、最大と最小が対句になって、巧いこと言うなあ」と思ってくれれば素直になれるのではないでしょうか? それをいきなり結論から言われるとウザったいし、後から御託を並べられるとなおさら反感を覚えるだけです。

いや別にそんなことはないよ、という感じ方をする人もいるのでしょう。そう感じない人が選んだから、この文章が中吊りになっているのかもしれません。でも、皆さんはこの2つを比較してみて、どうですか?

こうやって並べてみると、私と同じ感じ方をする人は決して少なくないと思うのですが…。

いずれにしても、ことほどさように文節やフレーズの順番で微妙に印象が変わるということです。だから、そういうことにもっともっと神経を使っても良いのになあ、と私は時々思うのです。

同じように思うのが、第一生命がやっているサラリーマン川柳です。あのコンテストで入賞した句を読むと、同じように「違うなあ」と感じてしまうことがあります。

それは例えば、五七五の最初の五と最後の五を入れ替えたほうが良い表現になるのに──みたいなことです。

あのコンテストは発想の面白さに重点を置きすぎて、表現の巧みさをなおざりにしているような気がするのです。

この表現をこう変えればもっと驚きが増すのに、この語句をこれに入れ替えればずっと粋な表現になるのに──そんなことです。

表現は作者と鑑賞者の格闘の場です。人に何かを伝えてその人を動かそうとするのであれば、もっともっと表現に凝って、いろいろと試してみては如何でしょうか?

それは存外に楽しい行為であったりするものです。

Copyright©yama-a Apr.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ