上映が開始となる

最近松竹系の映画館では本編上映直前に、

間もなく上映が開始となります

というテロップが出ます。前にも同じことを書きましたが、気になって仕方がありません。いえ、私だけではありません。他にも同じことを言ったり書いたりしていた人を何人か知っています。どうして「間もなく上映を開始いたします」と言えないのでしょう?

こんな他人事(ひとごと)みたいな表現に堕ちてしまうのは何故でしょう?

劇場側が、あるいは劇場の従業員が、上映を自分のこととして捉えていないから? 担当者に主体性がないから?

「上映が開始となる」というのは勝手に(自然に)映画が始まってしまうイメージです。

「間もなくお昼になります」ならば分かるのです。「私どもの会社は間もなく創立30周年となります」なら分からないでもないです(本来は「創立30周年を迎えます」と言うべきところでしょうが)。

それは、誰かが何かをしなくても日の出から何時間か経てば勝手にお昼になるし、会社が続いてさえいれば自然と何周年かにはなるものだからです。

しかし、劇場従業員の皆さん、上映を始めるのはあなた方ではないですか。皆さんにやるべきことをやってもらわないと決して上映は始まらないのです。

仮にそれが上からの一方的な命令に基づくものであったとしても、たとえ不承不承であっても、皆さんの明確な意志と行動がなければ決して上映は始まらないのです。

私たち観客は、これから見ようとしている映画が「何時何分の回」かは知っていますが。でも、冒頭に予告が何分あって CM が何本入って、正確に何時何分から上映が始まるのかは知りません。それを決めているのはあなた方です。

勝手に予告と CM が尽きて、勝手に映画が始まるのでもありません。あなた方が決めてあなた方が始めるのです。

それを観客に向かって告知するのが、あのテロップの役割ではないかと思うのです。であるならば、そこではあなた方が主体性を持って、「開始いたします」と高らかに宣言すべきではないか、と思うのです。

「開始となります」というフレーズを書いた人を問い詰めたら、ひょっとすると、「いや、でも、僕自身が始めるわけじゃないから」などと言うのかもしれません。

確かにあなた自身は映写技師ではないかもしれません。自分がボタンか何かを押して上映を始めるのではないかもしれません。しかし、あなた方の映画館が始めるのは確かで、あなたはそのあなた方に含まれるのです。あなたはあなた方のうちのひとりなのです。

そういう団体の一員としての心情、連帯責任の感覚を失ってしまったのではないか、と私たちはついついそこまで深読みしてしまうのです。

確かに、一蓮托生的なものの感じ方は今や流行りません。でも、映画館と映画館の従業員はどうしようもなく一蓮托生なのです。私の勤務先と私は不可避的に一蓮托生なのです。それが働くということではないでしょうか?

あるいは、「そのほうが丁寧だと思ったから」と言うのかもしれません。

近年、ともかくぼかすことが丁寧で優しい表現だと思われているようです。しかし、それはちっとも優しい表現なんかにはなっていない、と私たちの世代は思うのです。なんとも気持ちの悪い表現に感じてしまうのです。

「こちらがトンカツ定食になります」「お釣りが320円になります」などというのも近いものがあります。

ともかくぼかすことが第一目的で、「なんとなく自然な流れとしてこうなる」というようなニュアンスなのでしょうか?

でも、世の中あなたが言うほど自然な流れの帰結になってはいません。あなたが流れに乗るのではなく、あなたが流れを作り出すのです。それが働くということではないでしょうか?

あなたが自分の意志をもってやってくれてこそ、サービス業というものが成り立つのだと、私は思います。

あなたが上映を開始してくれませんか?

Copyright©yama-a Apr.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ