詩を書く詩人は死ぬと死人になる

以前難読漢字について書いた時に、「小学校で習うから難なく読んでいるけれど、本当は『人間』は難読漢字かもしれない」みたいなことを書きました。「人」をニン、「間」をケン(ゲン)と読むのは稀だからです。

特に単語の頭に「人」が来た時に、これをジンではなくニンと読ませる例は非常に少ないです。パッと思いつくのは「人間」のほか、「人形」「人魚」「人気」「人数」「人足」「人称代名詞」くらいのものです(探せばもっとあるのでしょうが)。

逆に単語の最後に「人」がつく場合はニンとジンが入り乱れています。では、一体どういう場合にニンと読み、どういうケースではジンになるのかが気になり始めました。

「○○人」はどんな時に「○○ニン」になり、どんな時に「○○ジン」になるのでしょうか?

ことばというものは決して一個の完璧なルールに沿うものではありませんが、そんな中でも割合当てはまるルールを見つけ出すのは大変楽しい作業です。それは文学に科学の方法を当てはめるようなものだと私は思います。

ただし、ここで調べるのは人を表す単語のみとし、行為を表す単語、つまり、動詞の語幹となる単語(例えば「殺人」「求人」など)は省くことにします。

それから、あくまで音読みでニンまたはジンと読む場合だけに絞って、訓読みでヒト、あるいはそのバリエーションとしてビト、ト、ウド、ンドなどと読ませるケース(例えば「素人」「隼人」「商人アキンド」など)も除外します。

さて、最初に分かりやすい例を挙げましょう。

日本人、朝鮮人、韓国人、支那人、ロシア人、アメリカ人、外国人、南蛮人、紅毛人、ゲルマン人、ユダヤ人、白人、黒人

そう、国や民族、人種などを表す場合はジンと読みます。また、国だけではなく、所属を表す場合はジンです。

大阪人、三重県人、関西人、アジア人、国際人、火星人、バルタン星人、宇宙人、業界人、家庭人、社会人

それに対して「〜する(している、した)人」という意味の、役割や職業を表す単語の場合は、これがニンになります。

料理人、管理人、看護人、商売人、発起人、保証人、相続人、媒酌人、苦労人、被告人、犯罪人

「犯罪人」だけちょっと毛色が違いますが、まあこの仲間に入れておいて良いでしょう。こうやって見ると、法律用語などにはニンが多いのかもしれません(ちゃんと検証していませんし、何故なのかも分かりませんが)。

また、上の例では「人」の前についているのは全て漢語ですが、これが訓読みの漢字ややまと言葉の場合も同じです。

介添人、請負人、世話人、必殺仕事人

一方、「〜のある人」、「〜を持っている人」という意味で、人の特徴や属性を表す場合はジンになります。

知識人、常識人

ここまで割と整然と分類できましたが、そろそろ御しきれなくなってきます。境界やルールが見えないのです。

芸能人、放送人

は「芸能のある人」「放送のある人」ではないのにジンです。これはむしろ「芸能界/放送界に属する人」と解釈すべきなのかもしれません。それならジンで理屈が立ちます。

あと、非常に明確なものとして、助数詞の場合はニンです(もちろん、「一人」と「二人」だけは通常訓読みになってしまうのですが)。

三人、九十九人、八百人、一万人、ご両人、何人?

さて、ここから先がいよいよきれいに分けられない領域に入ってきます。

「単漢字+人」の場合はジンが多いようです。

婦人、夫人、愛人、公人、私人、外人、異人、偉人、別人、常人、奇人、変人、新人、法人、成人、聖人、老人、廃人、詩人、俳人、盲人、超人、無人、同人、七賢人、北京原人

しかし、ニンと読むケースも決して少なくありません。

当人、本人、他人、病人、死人、罪人、浪人、証人、商人、職人、女人、住人

目下のところ、この2つの違いがよく分からないのです。前の字の音に引っ張られているわけでもありません。例えば同じシでも詩人はシジンで死人はシニンです。もう少し観察して考えてみたいと思います。

しかし、こういうことを考え始めると面白いですよね?

ま、あんまり面白くないと言う御仁もおられるのでしょうが、そういう方は多分ここまで読んでくれていないと思います(笑)

他にもどういう時に「人」がついて、どういう時に「者」がつくのか(例えば「選挙人」と「候補者」)みたいなことまで考え始めると、全く収集がつかなくなってしまいます(笑)

今回はこの辺で。

Copyright©yama-a May.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ