スマホのスマ、スマホのホ

私の勤務先の取引先に通称スマコネという会社があります。正式には NTTスマートコネクト。

初めてこの略称を聞いた時、私はそれが会社名だとは分からず、なんだか妙な違和感を憶えました。

スマ? コネ?

なんか須磨の海岸でバーベキュー・セット広げて手こねハンバーグ焼いているような感じ。

関西(特に阪神間)在住だからそう思ったのかもしれませんが、当時はスマという音を聞いてそれが英語に全然結びつかなかったのです。

でも、今ならそんなことはありません。言うまでもなく、それはスマホの普及によるものです。

スマートフォンという商品が一気に普及して、その名前も人口に膾炙するようになって、スマがスマートの略称であることはすぐに分かるようになりました。

しかし、ホはどうでしょう?

世の中にはスマホ派とスマフォ派がいます。私も長らくスマフォ派でしたが、これだけスマホがはびこると、もう風前の灯かもしれません。

でも、smartphone なのだからスマホではなく本来はスマフォのはずです。

なんてことを言うと、テレホン、イヤホン、ドアホン、ヘッドホンって言うじゃないか、ってことになって、私が前に書いた「明治生まれのPの音」みたいな話に行き着きます。

私の祖母は P だけではなく、F の発音もできませんでした。だから「ナイフとホーク」なんて言っていました。

そう、昔の日本人は F の発音ができずに全部 H の音に変換していたのです。古い時代に日本に入ってきた外来語を見るとよく解ります。例えばプラットホームとか。

テレホンもそうです。そして、その流れで phone がホンになり、スマフォがスマホになったのです。

幸いにして今の日本人は概ね F の発音ができるようになりましたが、テレホンやプラットホームはまだうまく発音できなかった時代の名残と言えるのではないでしょうか。

でも、V の発音は(あくまで日本語の中ではという意味ですが)残念ながら未だにできていません。だから、外来語の多くが V を B で置き換えられたままになっています。

昭和の後半からは、固有名詞だけは V と B を区別しようという意識が少し強まったのか、デヴィッド・ボウイとかスティーヴン・スピルバーグという表記を見るようになりましたが、テレヴィやコンヴィニとは決して書かないのです。

一旦定着してしまった表記が如何に頑固か分かるでしょう? エジソンなんて今なら絶対エディソンですもんね。

でも、何かが爆発的に普及すると、それが言葉の表記やイメージを一気に変えてしまうことがあるのです。スマと聞いて須磨かと思わなくなったのも、そういうことの影響です。

かくしてスマは須磨の海岸を離れたわけですが、しかし、そこから先にはまだホを進めようとしないのでありました(笑)

Copyright©yama-a Jun.2014mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious