字音棒引き(その3)

外来語における二重母音を字音棒引き(「ー」のことです)を使って長母音化してしまう表記については、今まで2度ほど書きました(その1その2

まあ、考えてみたら仕方がないんですよね。日本人ってあんまり二重母音の発音してないんです。

例えば「英語教師」を我々は「エイゴキョウシ」と言っているかといえば、そこまでくっきりと発音している人は少なくて、割合いい加減に「エーゴキョーシ」と言ってしまっています。

というよりも、日本語の場合、長音と二重母音の違いというものがくっきりと存在していなくて、単にどう書くかの違いだけになっている嫌いがあります。

だから、明治33年に字音棒引きが教科書に採用されたのも無理からぬことであったのかもしれません。

しかし、義務教育で英語を習う時代になってすでに久しく、日常生活の中で原語の発音を耳にすることもどんどん増えるに従って、なんだか気持ち悪くて二重母音表記することが少なくなくなってきたように思います。

例えば前に私が気持ちが悪いと書いたメーン(main)も、新聞や放送は別として、メインと書く人が増えてきました。

古い外来語であるサンデー(Sunday)、マンデー(Monday)などではデーですし、day そのものも例えば「世界人権デー」などとデーですが、その形容詞形である daily はむしろデイリーと書かれることのほうが多いように思います。

例えば、「ヤマザキデイリーストア」はこっちの表記を採っています。

他にも age は最近ではエージよりもエイジが優勢になってきたように思いますし、tray もかつてはトレーばかりでしたが今では「受信トレイ」のようにトレイが主流です。

そして、比較的新しい外来語である rape はレープという表記をあまり見たことがありません。

でも、逆に言うと、やっぱり古い時代から、あるいは小さい頃から親しんできた表記については、いくらそっちのほうが原語の発音に近いと言っても、却々改める気にはならないものです。

例えばステイジ、レイス、スペイド、ストレイト、チョコレイト、プレイトよりも、ステージ、レース、スペード、ストレート、チョコレート、プレートのほうがしっくり来る気がします。

でも、こと[ei]に関しては、それも少しずつ崩れてきているような気もしないでもありません。

例えば私の姉は最近メールに「メール」ではなく「メイル」と書いてきます。私はこの表記を見ると冗談ではなく少し気が滅入るのですが、でも、中高年でもこういう人が増えてきている実例だと思います。

一方、[ei]に比べて[ou]のほうは圧倒的に字音棒引きです。

ストーブ、フォロー、(衣服の)コート、ゴール、ノート、ジョーカー、クロークなど、ほとんどの場合に「ー」が使われています。穴掘りのボーリングと区別するためにボウリングと書くぐらいではないでしょうか。

この違いは一体何なのでしょう? どうしてメーンは気持ち悪くて、皆がメインと書き始めたのに、ローンはローンのままで気持ち悪くないのでしょう?

ローンが残っているのはあまり気持ちの良いものではないし、本来ローンは棒引きにはならないはずなんですが(笑)

Copyright©yama-a Jun.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ