生き残る文語/反語

以前反語について書いたことがあります。

その時の趣旨は、「学校で習った反語の現代語訳がまだるっこしい」ということでした。

「〜するだろうか(いや、そんなことはない)」と訳すのではなく、ケース・バイ・ケースで「〜なわけないだろう」とか「別に〜するわけじゃないんですけど」などと訳すと現代の気分に合うのではないでしょうか。

しかし、これもあの時に書きましたが、反語表現自体は不思議に消えてなくなりません。これはこれで便利だからなのでしょうね。

今回は、そんな現代に残る(文語的)反語表現を蒐集してみました。

その中でも特にいかつい、と言うか、大仰と言うか、しかつめらしいものは、

などという文語丸出しの表現です。

若い人は「そんなもの使うのか!?」と言うでしょうが、これはこれで“威嚇射撃用”と言うか、こけおどしに使うと結構重宝するのです。

私も時々『論語』から引用して、「これをも忍ぶべくんば、いずれをか忍ぶべからざらん」とか、「ああ燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」(これは前にも書きましたが、『史記』ですね)などと吐き捨てて怒ってみせると、言われたほうは意味も半分くらいしか解らないのに、なんだか威圧された気分になったりします。

もう少し柔らかい表現になると、前にも例として挙げた

などは日常会話でも比較的よく使われるフレーズです。

もう少し拡張すると、

などもギリギリのところで現代にしぶとく生き残っている反語っぽい表現の例です。やっぱり、これらが生き残っているということは、ある程度使い勝手が良いということなのではないでしょうか。

少し固くはなってしまいますが、これらの慣用句によって、表現の途中から居住まいを正したような効果が出たりするのです。

そういう意味では、反語ではありませんが、

などという文語の熟語も、同じようにまだ死にきれていない表現だと思います。

え?全部堅すぎる? では、もう少し肩の力を抜いて当たり前に使っている文語表現を挙げましょう。それは

現代語に直訳すれば「悪くない」。いや、「悪くない」では何のことだか分かりません。「悪気はない」「悪く思わないで」「悪気はないので悪く思わないで」──あれ?重複している上にループしてる感じですが、でもそんな使い方してるでしょ?

さて、前回も書いたように、現代には現代の、「誰得」とか「誰ウマ」と言った新しい反語的表現が生まれてきています。

他人を説得する上で、反語的なロジックやレトリックは、今も有用だということではないでしょうか。

さて、この先、果たして反語はなくなるでしょうか? ──んなわけないでしょう(笑)

Copyright©yama-a Jul.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ