リカちゃんは何年生まれ?

名前(ファースト・ネーム)の変遷を研究している人は多分いるだろうと思います。毎年生まれた赤ちゃんに付けられた名前のトップ10みたいなデータも発表されているので材料には困らないんだろうなと思います。

だから、今さら私がそれを始めて先行者に追いつけるとも思わないのですが、私なりに常々面白いなと思っていることを少し書いてみたいと思います。しっかりとデータに基づいたものではなく、あくまで雑感っぽいものですから、軽い読み物と思って目を通していただければ幸いです。

近年男の子の名前のバリエーションは非常に豊かになってきて、もはやその年の傾向を分析することさえ難しくなっていると思います。

それに対して、女の子の名前の変遷は、長いスパンで見ると明らかな傾向がいくつか見て取れます。ここでは女の子の名前に絞ることにします。

そして、ここでは何年ごろということではなく、世代で切って書いて行きたいと思います。まず私が直接見聞きした一番古い時代、つまり祖父母の時代から書きます。

明治生まれの私の祖母の時代は、まだその前の時代(つまり江戸時代)を引きずっており、時代劇に出てくる名前と大差がありません。

お姫様は別として、一般の女性は仮名2文字で、イネとかヨネとかカメとかツルとか、そういう自然界にある物の名前をそのまま付けたものが多かったのではないかと思います。

少し上品に「お」がついたり漢字になったり、もう少し抽象的な名称になったりして、「お菊」とか「お染」とか「お富」とかいうパタンもありました。 私の祖母はフクでした。

次に、昭和初期に生まれた私の母の周囲を見渡すと、□子というパタンが全盛になります。□には漢字1文字が入り、その多くは訓読みでした。ちなみに私の母は君子、伯母は富子でした。

□の漢字の訓読みに別の漢字2字を当てた□□子というパタンもあり、例えば澄子ではなく寿美子、道子ではなく美智子とするのは、当時としては割合ハイカラな名前であったようです。

後述しますが、のちの時代には□□子の3文字パタンが□子の2文字パタンを凌駕して行きます。

□子以外の型では、光代や民江といった□代・□江(枝)型も少なくありませんでした。それに対しても同じように美津代とか多美江とかいうバリエーションがあります。

そして、私が生まれた時代、昭和の中頃になると、□子という名前は相変わらず多数派だったのですが、□が訓読みから音読みに変わってきます。良子はヨシコではなくリョウコ、純子はスミコではなくジュンコと読むのが一般的になってきます。

そもそも訓読みがない(あるいは、訓読みすると名前らしくならない)漢字を充てて圭子、景子、恵子、慶子などというパタンの隆盛期が私の頃でだったのはないでしょうか。

ノブコ、ヤスコ、ヒデコなどのパタンは減り、キョウコ、ヨウコ、ジュンコなどが増えてきます。

そしてもともと訓読み1字系であった□子に代わって、音読み2字系の□□子(上記の美智子パターン)の時代がやって来ます。美代子とか奈津子とかいう3文字パタンが標準形になったのです。

あとは□代や□江が減ってきます。山口百恵さん(彼女は本名です)のように「恵」は使われても、「江」はかなりマイナーになってきます。またヨやエに代わってミ(□美や□実)が増えてきます。

それから、私たちの時代のバリエーションでは、あとユリ、マリ、リエなどの2音パタン。もちろんひらがな・カタカナもあれば、百合、真理、利恵など漢字を充てた場合もあります。

私たちの少し後にはメグミやカオリ、ヒロミなどの3音パタンが2音パタンを駆逐して行きます。

で、そのあと昭和の終盤から、女子の名前は一気に多様化します。その辺りから太い幹のような傾向を読み取るのが難しくなってきます。

その中で一番はっきり見えるのが□子・□□子の衰退です。□が訓読みであれ音読みであれ、1文字であれ2文字であれ、ともかく子の付く名前が一気に減ってきます。

子に限らず、どの字で終わるかという選択肢が一気に増えるのです。私たちの時代には明子や明美は考えられても(中森)明菜(彼女も本名です)なんて名前は考えつきませんでした。

その後の時代はどちらかと言うと、まず響き優先で選んで、それにどういう漢字を充てるかという順序で、例えばまずハルカと決めて遙なのか春香なのか晴花なのか、サヤカと決めて紗耶香なのか沙也加なのかさやかなのかを選んでいるような気がします。(ちなみにハルカという名前は関西空港開港直後に関西で多かったようですw)

さて、女性の名前がこれほど多様になってきた中で、私が感心するのはリカちゃん人形のリカちゃんです。この名前が決められた1960年代後半には結構洒落た名前であったのではないでしょうか。

で、驚くのが、この名前が現代にあってもちっとも色褪せていないことです。今年生まれた女の子にリカという名前をつけても全く浮いていないでしょう? これが一字違ってミカちゃんやチカちゃんだと少し微妙になります。

これがハルコちゃん人形、ノブエちゃん人形、キヨミちゃん人形であったらどうでしょう? 少し古い感じになってしまわないでしょうか?(もし、今これを読んでおられる方の中にハルコさん、ノブエさん、キヨミさんがいらっしゃったらゴメンナサイ。あくまで名前の流行のことを言っているのであって、名前そのものの良し悪しを云々する気はありませんので悪しからず)

もし、リカちゃん人形がリカ以外の名前であったら、この商品はこれほどの長寿にはなっていなかったのではないかと思います。

タカラ(現タカラトミー)の当時の担当者の感覚に敬意を評したいと思います。


【追記】 この文章をアップした翌日にたまたまブレッド&バターの『JAPANESE WOMAN』を聴いたのですが、改めて「ああ、名前って流行に翻弄されて、やっぱりこんなに色褪せてしまうのか」と思いました。

この曲は1980年のリリースで、何度も登場する"Japanese Woman"という歌詞に続いてフィルイン風に日本人女性の名前が連呼されます。実は僕は発売当時から「ちょっとその名前は古いんじゃないの?」と思った記憶があるのですが、今の時代に聴くと逆に「昔はこれほど“子”の付く名前が多かったのか!」と今さらながら感心する次第です。

歌が古臭くなるのはこういうことにも拠るんですね(この歌自体は今でも良い曲だと思いますがw)。

Copyright©yama-a Jul.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ