英詩と漢詩と日本語詩

日本語というのはアクセントもイントネーションもあまりはっきりしない言語であると言われます。

それを考えると、日本語の詩のことを韻文と言うのはあまり正しくないような気がするのです。日本語では(あくまで言葉のイメージの問題ですが)詩も散文なのではないかと。

欧米では、詩では韻を踏みます。脚韻だけでなく、頭韻や半韻、母音韻(類韻)など、いろんな押韻の仕方があり、隣の行と強弱のリズムを合せたりします。

詩は英訳すると poem、包括的な表現としては poetry ですが、他にも verse, rhyme, metrical など詩と韻を関連付ける単語がたくさん存在します。

日本語ではそういうのがありません。和歌には独特の節回しがありますが、あれはどちらかと言うとメロディであり、欧米の詩のようなリズムのグルーヴ感を産まないのです。

中学生時代にそういうことを知って、ふーん、そうなのかと思っていたら、高校で始まった漢文の授業で、なんと中国語も韻を踏んでいることを知って、私は少しショックを受けたのでした。

しかも、「絶句では第2・4句の句末で、律詩では第2・4・6・8句の句末で押韻しなければならない。第1句は、七言の場合は原則として押韻するが、五言の場合はしない」という厳しい制約があるではないですか!

そういう音の面白さを意識せずに詩を書いている我々日本人は世界から取り残されているのではないか!と、若かった私は劣等感に近いものまで覚えたものでした。

で、さらに驚いたことには、中国の詩には脚韻に加えて平仄(ひょうそく)というものまであります。

あ、平仄の前に四声の説明をしなければなりませんね。

実は私は大学時代に独学でほんのちょっとだけ(ほんとにほんのちょっとだけです)中国語を齧ったことがあるのですが、中国語の文字には4つのイントネーションがあります。

大体が「マー」の音に当てはめて「マーマーマーマー」などと練習したものです(と字で書いてみても何のことか分かりませんよねw)。

高い音で平板に発音する第一声、低いところから高く上がって行く第二声、一旦下がってからぐにゅっと上がってくる第三声、高いところからストンと落ちる第四声があって、同じマーと読む漢字でも「媽」なら第一声、「麻」なら第二声、「馬」なら第三声、「罵」なら第四声と分かれています。

で、この辺りまでが私が独学で学び得たことで、ここから先「平仄」というのがどうにも難しいのです。

ただ、最近ではネットで検索するといろんなことが分かるので、そこから俄勉強で憶えたことによると、この第一声が「平声」で第二・三・四声が「仄声」なのだそうです(ただし、唐詩の場合は唐代の発音なので現代中国語とは違っているかもしれません。ああ、ややこし!)

で、漢詩においては脚韻だけでなく平仄も合わせる必要があるのだそうです。

そこまでは理解したとして、で、具体的には?と思っていたら、たまたま高校の同窓生で中国文学者になっている奴がいて、彼が解説してくれました。

以下が彼の文章です(あくまで高校の同窓会のメーリングリストに書かれた「私信」から引用しているので、あえて彼の名前は紹介しません):

よく「白髪三千丈」という言葉から、中国人は大げさだと言われますが、実はこう言わざるを得ない理由があります。

(筆者註:「白髪三千丈」とは、「心に積もった愁いのために、白髪が伸びに伸びて三千丈に達した」との意味ですが、3000丈は換算すると約9kmになるので、いくらなんでも、アンタ、誇張しすぎやろ?ということになりますw)

この詩は李白の「秋浦歌 其十五」の第一句ですが、第二句の平仄が「平平仄仄平」であるため、この第一句は「仄仄平平仄」でなければなりません。ところが一から九の中で平の字は「三」しかなく、位数詞「十、千、万、兆」の中で、平の字は「千」しかないのです。つまり平仄を合わせるためにはこの表現しか不可能なのです。

そうだったのか!──この文章は眼から鱗でした。

漢詩って、そんな風にわざわざ自分を縛って、逆にその中で優雅に遊んでいたのか! そして、それほど響きを大切にした詩だったのか!

──私は大いに驚いたのでした。

前にも書きましたが、ラップの登場によって日本語でも響きをしっかり意識した詩を書く人たちが出てきました。日本語の詩でもくっきりとしたリズムとイントネーションを刻んだものが現れれば良いなあと思います。

Copyright©yama-a Aug.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ