結構?

このコーナーでは、若者の困った言葉遣いについて折にふれて書いてきました。

例えば、場違いな「お疲れさまです」「お楽しみさま」「〜のほう」「よろしかったでしょうか」、むやみやたらな「よろしくお願いします」ら抜き言葉レ入り言葉、変な組み合わせの「〜的」、いきなり冒頭に来る係助詞「は」「大丈夫」等々。

ま、一概に「困った言葉遣い」と言っても、その「困った」感じは一様ではなく、中には確かに歴史的な用法からは外れているが却々面白いというものもあります。

でも、まあ、年配者や規範的な言葉遣いをする人からすると、聞いているともぞもぞしてくるような表現が多いのも事実です。

で、先日またしても、「結構ですか?」という、何やら気持ちの悪い表現に遭遇しました。これは「〜で大丈夫ですか?」に似ています。こんな感じで:

店員:「ご飯のほうは大盛りにすることもできますが」
私:「あ、普通盛りで良いです」
店員:「普通盛りで結構ですか?」

って、お前が結構って言うなよ!

以前「〜で大丈夫でしょうか?」って訊かれると「君のほうこそ大丈夫かね?」と言い返したくなると書きましたが、今回はこう言い返したくなります。

「ちっとも結構じゃねーよ」

「結構」って、辞書を引くと、「充分である」という意味の、辞退する時に使う表現であると書いてあります(ちなみに、「ちっとも結構じゃねーよ」の場合の「結構」は「申し分ない」との意味ですがw)。

だから、辞退する本人が使わないと変なのです。辞退される側が使う表現ではないのです。

辞退される側に使われると、「私が好意で大盛りにしてさしあげると申し上げているのに、無下にお断りになるのですね」と慇懃に詰め寄られているような気になります。

「結構」という言葉は単語自体が謙譲語ではありませんが、へりくだるべき場面に放り込む単語です。もちろん、表面はへりくだっていても内実は強い拒絶である、なんてこともありますが、あくまで外面としてはへりくだった表現です。

へりくだるとは、つまり、「私はあなたより下位の人間です」と言っているようなものです。それはあくまで「私」が主語であるから意味を成すのであって、「あなた」を主語にしてしまうとてんで意味を成しません。

意味を成さないのならまだ良いのですが、下手すると聞き手に不遜な印象を与えてしまいます。

それは「遠慮」という言葉と同じです。

「遠慮」も本来は遠慮する側が使う言葉であって、「ご遠慮ください」は場合によっては「お前みたいな奴がのこのこ顔出す場じゃないんだよ。そんなことも分からないのか。ちっとは遠慮しろ」みたいな高圧的なイメージで捉えられてしまいます。

むしろ「お控え下さい」「おやめ下さい」のほうがフラットな表現なのです(「お慎み下さい」と言うと、ちょっと嫌味かな?)。

そういうわけで、店員が客に対して、上のような使い方をするのは変なのです。

もちろん、店員が客に対して(自分を主語にして)へりくだるのであれば構いません。

客:「君、可愛いからチップを5000円あげるよ」
店員:「いえ、結構です」

これならおかしくありません。辞退する側が使うのです。これを辞退された側が言うと、

客:「君、可愛いからチップを5000円あげるよ」
店員:「いえ、結構です」
客:「何? 結構です?」

ね、急に剣呑な感じになるでしょう? 「結構です?」も「結構だと?」も「上等じゃねえか」も同じような表現になってしまうのです。

どうです? 「結構です」の使い方解りましたか? 何、解らない? じゃあ、また別の例を──。

え、今度こそ結構ですって?

「要らねえよ」と言われたのであれば意地でも教えたくなりますが、「結構です」と言われれれば、ここはあっさり引くことにしましょう(笑)

[arrow このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Sep.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ