ある日突然

長いこと間違えていた、あるいは知らなかったことに、突如として気づく、思い当たるってこと、ありませんか?

私はよくあります。

例えば、ごく最近のことなんですが、散髪屋さんのチェーン店の QB HOUSE の件。

この店は関西だけなのか、全国展開しているのか知りませんが、私の周りにはあちこちにあります。

この店の売りはとにかくカットがめちゃくちゃ早いこと、そして値段がべらぼうに安いこと(私自身は一度も入ったことがないので、どの程度なのか定かではありませんが)。

で、何が勘違いだったかと言うと、私はずーっと、このチェーン店のオーナーはアメリカン・フットボールが大好きなのだろうなと思っていたのです。初めて見た時から、何の疑いもなく QB はクオーターバックの略だと思っていたからです。

僕自身がアメリカン・フットボールが好きだということもありますが、クオーターバックの略以外で QB という文字を見たことがありませんし、クオーターバックと言えばアメリカン・フットボール固有のポジション名です。

それがある日、そう、つい先日、まるで神の啓示を受けたみたいに電撃的に了解したのです。これは多分 Quick Barber の略だと。

いや、調べていないので分かりません。ひょっとすると本当に元アメリカンの選手が経営しているのかもしれません。でも、これは多分、いや、きっと Quick Barber の略なんだと了解したのです。

他にもあります。

結婚して間もない頃、妻がフクロウの置物を集め始めたことがあります。何故そんなものを、と訊くと、縁起が良いのだそうです。そう言われて、暫くは気にも留めませんでした

でも、私も時には協力して、出張先でお土産にフクロウのアクセサリを買って帰ったことなどもありました(結局はそんなにたくさん集まりませんでしたが)。

ともかく暫くそんな風に何も考えずにいたのです。ところが、これまたある日電撃的に気がついたのです。

「フクロウ=不苦労」なんだ!と。

いや、これも調べたわけではありません。他の謂れがあるのかもしれません。でも、これは多分、いや、きっと不苦労のもじりなんだと了解したのです。

もう一つ別の例を。

所ジョージさんが「月極駐車場」を「げっきょく」という駐車場チェーン店だと思い込んでいたのは有名な話ですが、私も最初はこれを「つきぎめ」とは読めませんでした。

それが、これまた同じように、ある日突然神の啓示を受けるが如く電撃的に「つきぎめ」だと了解したのです。

ちょうどその頃に、相撲で「腕をきめる」という時にはこの字(「極」)を使うのだと知ったとか、何かそういうきっかけがあってのことではありません。突然そうではないかと気がついたのです。前から聞いたことがあった「つきぎめ」という響きが、藪から棒に「月極」という漢字と結びついたのです。

私が今回書きたかったのは、「誰でも間違って憶えていることってあるよね」という話ではなく、「人はなんで間違えて憶えるんだろう?」という話でもなく、「人はどうして、何のきっかけもなく、ある日突然誤りに気づくんだろう?」という話です。

私だけではないですよね? 皆さんにもきっと、そういう不思議な経験ありますよね?

Copyright©yama-a Sep.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ