個人のイメージ

広告には規制があります。中にはあくどいことを考えている企業もあるので、そういうあくどい商法に消費者/ユーザが騙されないためです。

だから、逆に言うと、規制を守っている広告は、「ウチはあくどい商売はしてませんよ」という証明でもあります。

ただ、表現の自由と規制というのは水と油のようなもので、それを無理やり(と言うより下手くそに)混ぜると時々気持ち悪い表現が出来上がったりします。

例えば、前にも書いたかもしれませんが、よくある「写真はイメージです」というフレーズ。

意味するところは、何らかの事情で商品そのものの写真を(あるいは、その商品の効果などを目に見える形で)載せるわけには行かないので、あくまでイメージとしてこの写真を使っていますよ、ということなのでしょう。

本当はこれは「現物を写したものではありません」と書いてくれたほうが解りやすいです。けれど、そういう書き方にすると、如何にも悪意から現物の写真を掲載しないインチキ企業みたいな印象になるので、こんな表現になってしまったのでしょう。

しかし、この表現を見ていつも私が笑ってしまうのは、英語の image には「画像」という意味があるからです。特に HTML 上では image という単語からまず連想するのは写真です。

だから私は、この表現をホームページのバナーなどに見つけると、ついつい「そりゃあ写真は image でしょう。んで、文字は text でしょうw」と独りごちてしまうのです。

あと、気になるのは、「※個人の感想です」というフレーズ。実際にその商品を使用しているという一般人のナントカさんが出てきて、「とても良い」とか「ものすごく効く」とか言っている横に小さく出ています。

しかし、一体全体「個人」以外の感想ってあるんでしょうか? どこかの団体の全体としての感想とか、会社の公式感想とか、そんなものは聞いたことがありません。感想というのはそもそも個人個人がバラバラに持つものなのです。

言いたいのはこうでしょう: これはあくまでこのナントカさん個人の感想であって、この商品を使った人がみんながみんなこう思うわけではありません。──そりゃそうです。当たり前です。

でも、テレビで「美味しい」とか「治った」とか言われると、ついつい自分の舌にも合って、自分の体にも効果が出るように思ってしまいがちなので、こんな無粋な規制がついています。

ごく自然な表現としては、こういう場合は「あくまで個人の感想です」「あくまで個人の感想であって、保証するものではありません」みたいなことなのでしょう。

不思議なことに「あくまで」が付くと、なんとなく座りが悪かった「個人の感想です」という表現に安定感が加わります。

しかし、そういう書き方をしてしまうと、実は100人のうち1人しか褒めなかったのに、わざわざその1人を呼んできて証言させているかのような胡散臭さを醸しだしてしまうのも事実でしょう。

ただ、どうでしょう? 「※個人の感想です」だけでも充分胡散臭くないですか? それは言葉が足りないからだと思うのです。

「写真は image です」も「※個人の感想です」も、そのおかしさの源は言葉の足りなさではないでしょうか。

もっと言葉を尽くして説明すれば滑らかに伝わる表現になるのに、そこにはバナーの面積であるとか CM の秒数とかいう制限があるために、こんな表現で留まってしまったのでしょう。

表現というのは却々難しいものです。広告を見ながらふとそんな風に考えました。

私と感じ方の違う方もあるかもしれません。この文章はあくまで個人のイメージです。いや、個人のテキストかな(笑)

Copyright©yama-a Oct.2014mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious