復刻『ちゃうちゃう大全』

2014年5月の大改装の際にコーナーごと落としてしまいましたが、かつてこのサイトには「ちゃうちゃう大全」という企画がありました。

ま、ひとことで言うなら「ほぼ日」の「言いまつがい」みたいなコーナーで、あっちよりは先に始めたのが唯一の誇りでした。知名度を競っても負けますからね(笑)

サイト全体を改造した時に、あまりにいろんなコーナーがあってごちゃごちゃしている気がして、いくつかのコーナーをまるごと削除することにしたのですが、そのうちのひとつが「ちゃうちゃう大全」でした。

ただ、収集した本人としては、正直言って未練はあります(笑)

一旦全削除してしまった後で、面白い言い損ない、覚え間違い、空耳、ヤケクソ読みのいくつかは、やっぱりどこかに残しておきたい気が沸々とわいてきました。

ならば、この「発想のギア、言葉のシフト」はまさに言葉に関するコーナーなので、ここに加えておいても違和感はないのではないかと考え、今回は「ちゃうちゃう大全」総集編とすることにしました。

他愛もないネタばかりですが、クスっと笑っていただければ幸いです。それでは始まり始まり。

愛と性について

僕が中学1年の時。僕の友人が駅前でモルモン教の勧誘に遭った。アメリカ人の若い牧師が彼に言った。

「今度教会ニ来テクダサイ。映画モ上映シマス」
「へえ、どんな映画ですか」
「umm... アイトセイニツイテ、デス」

次の日曜日、性に目覚め始める年代であった友人は喜び勇んで教会に行った。そして、映画が始まった。ナレーションが入った。

「愛とは、生きるということは…」

一進一退

妻が私に向かって、「何でそんなこと言うのよ。夫婦は一心同体でしょ」と言おうとして「一進一退でしょ」と言ってしまった。

単なる言い間違えなのだが、言われてみれば確かに夫婦は一進一退であるような気もする。

ウンコは出るの

知り合いの僧侶がNHKラジオのイタリア語講座の講師を務めていると言うので聴いてみることにした。

ラジオをつけた時にはもう番組は始まっていた。で、いきなり耳に飛び込んできたのがこれだ。

「はい、では、私に続いて発音してみてください。ウンコは出るの」

え? ラジオでなんてこと言うの? ウンコは出るの? お、おしっこは?

ちなみにイタリア語の un quaderno は英語の a notebook の意味らしい。

S型女房

仕事の電話で時代劇のサブタイトルを訊いたら「S型女房」と言われた。うむ、なるほど、S型女房とM型亭主か、などと妙な連想をしてしまったが、よく考えてみると江戸時代のお話にSもMもあるはずがない。

「すみません、何型女房ですか?」と聞き返したらやっぱり「S型です」と答えられた。

で、そんな馬鹿なと思った瞬間に気づいた。

「絵姿女房」だったのである。

大西君

会社の同期のK子さんの話。

時は多分1980年。K子さんの友だちの大西君は、ラジオからホール&オーツの"Maneater"が流れてくると上機嫌だった。

「これ、僕の歌やねん」
「なんで?」
「聴いてたら分かるって」

サビの部分になると大西君は曲に合せて歌いだした。

「お・お・にーし君」

おいおい、それは"Oh, oh, here she comes"ですよ。

シモキタ

東京支社勤務時代のこと。私の同僚が単身赴任中の部長に言った。

「部長の家の近くにおいしいお好み焼き屋があるんで、紹介しますよ」
「ふーん。どこや?」
「シモキタ(下北沢)です」
「シモキタ! そんな遠いところまで行ってられるか!」
「え? 遠くないですよ。井の頭線で3駅じゃないですか」
「え? 下北半島とちゃうのか?」

【註】これと同じネタが映画『オーバードライヴ』に出てきた。案外このサイトから盗んでたりして(笑)

スキー場で拐われた

大阪を本拠地とする私の会社に湘南出身のKさんという先輩がいた。彼は大阪弁に慣れるまで随分苦労したそうだ。 ある日休暇を取ってスキーに行った社員のひとりからKさんに電話が入った。受けたKさんは大騒ぎ。スキー場で社員のひとりが「さらわれた」ので明日は出社できないとのこと。

「なんでスキー場で大の大人が誘拐されるのか」と皆訝ったのだが、Kさんに替わって他の者が電話に出てよく聞いてみたところ、「スキー場で転んで(膝の)皿が割れた」とのこと。

そう言えば大阪弁では「が」や「を」などの助詞はよく省略される(笑)

責任取るように言うてくれ

再び大阪弁に慣れないKさんの話。

ある日、Kさんの上司である課長に外出中の部長からから電話が入って、新入社員のKさんが取った。

Kさんが「課長は席を外されてます」と答えたら、部長はえらく不機嫌に「責任取るように言うてくれ」と言った。

やがて席に戻った課長にKさんが、「部長が『責任取るように言うてくれ』と仰ってました」と伝えたところ、身に覚えがない課長は大いに浮き足立った(昔の部長って偉かったですからw)。そうこうする内に部長が帰社したので、課長は恐る恐る部長に切り出した。

「あのう、私なにかマズイことしましたでしょうか?」
「え? 『席に居とるように言うてくれ』言うただけやで」

台風はるさめ

妻が「明日は台風はるさめを作る」と言うのを聞いて、具がてんこ盛りで香辛料強烈なハルサメを想像しながら、一方で「しかし、いやはや激しく吹きつける台風なのか、優しくそぼ降る春雨なのか」などと酔狂なことを思いながら家に帰ってみたら、それはタイ風はるさめだった。

タイヤ

ウチの会社のN氏のところに系列局の某氏から電話が掛かってきて、コンサートのチケットを取ってほしいとのこと(そのコンサートはウチが主催しているらしい)。放送局に勤めているとよくある光景だ。

「で、誰のコンサート?」
「タイヤって言うらしいんだ」
「タイヤ? へえ、そんなグループあるんですか…」

N氏は早速事業局に頼みに行ったのだが、事業局の人は「そんなコンサートはない」と言う。

「そんなはずはない」と、開催日と会場名から調べてもらったら、それはタイヤではなく TUBE だった。

タピオカ

先日、仕事上の仲間(複数社、年代もバラバラ)で北海道の旭山動物園に行ってきた。入園してからは各自自由行動ということで三々五々に別れていろんな動物を見たのだが、その帰り道で「あれ見た?」「これ見た?」という話になった。そんな中、ある50代の男性が自分の部下である30代の女性に、「ほんで、あれは? タピオカは見た?」

「タピオカはキャッサバ芋の澱粉から作った丸くてココナッツミルクの中に入ってるやつ。それを言うならカピバラでしょ」。

彼女本当にこう言ったんですよ。キツイ返しだなあ。

ちいさい秋見つけた

ついついタイトルにつられて「ちーさいあーきー、ちーさいあーきー、ちーさいあーきーみーつけたー」と歌い始めてしまう。そうするとその後が続けられなくなる。

この歌の冒頭は「だーれかさんがー、だーれかさんがー…」なのである。

腸のあたる坂道

塾で教えていた時、夏休みに読書感想文を書かせたら、こういうタイトルで提出した生徒がいた。石坂洋次郎の代表作である。

陽のあたる坂道なら散歩でもしてみたいが、腸のあたる坂道は下痢しそうで怖い。

つくりなおし

新垣結衣に続いて今度のポッキーのCMやってる娘も良いなあ、と思って調べてみたら、第50代ポッキープリンセスは読めないような難しい名前。当然カナが振ってあるのだが、それを「つくりなおし」と読んでしまった。

なんと言う珍しい名前! なんでこんな語呂合わせにしたんだろう? しかし、「なおし」はどう考えても男の名前だろう?

と、そこで初めて不審に思って読み返したら、正しくは「くつなしおり」(忽那汐里)。我ながら見事なアナグラム(笑)

電話の中

電車の中で携帯の着メロが鳴って、前に座っていた中年男性がポケットから電話を取り出した。

「もしもし、あ、はい、ちょ、ちょっと今電話の中なんで…」

気持ちは解る。満員電車の中で携帯に出るのは結構気が引けるものだ。それで「電車の中」が「電話の中」になっちゃったんだろう──と傍で聞いているものには解ったが、電話の相手は何のことだかさっぱりだったろうな。

トラベラーズチェック

高校時代の親友のM君が初めての海外旅行で米国に行ってマクドナルドに入った時のこと。

私ならそんなもの使おうとは思わないのだが、とにかく彼はトラベラーズチェックで支払おうとしたのだった。彼は言った。

"May I use travellers' check?"
"Travellers' check? Sure!"

と店員は言った、ようにM君には聞こえたのだが──
出てきたのはストロベリー・シェイク(Strawberry Shake)だった。

これは聞き違いではなく、発音の問題だろう。

ぬらりひょん

水木しげるの描く妖怪の話をしているところに別の知人がやってきたので、「ぬらりひょんって知ってる?」と振ったら、

「ああ、韓国の大統領?」

ちゃうちゃう、それは盧武鉉(の・むひょん)。

〜年ぶり

単身赴任から2年ぶりに戻って、以前行っていた床屋に久しぶりに行ったら言われた。

「2004年ぶりですねえ」

面倒臭いので「はあ、そうですね」と応じておいたが、それはないでしょう。それを言うなら「2004年以来ですねえ」でしょ。俺はヨーダか?

年齢太い

「これ、年齢太いですから」と言われた。体型が太いのは解るが年齢に太いも細いもないだろう、と思ったら、なんとよくよく問い質してみてびっくり。

彼は「年齢不問」をそう読んでいたのである。これはちょっと不問にはできない。

美人も思ってない

「美人も」っつうことはブスもやっぱり思ってないのか?

いや、これは「微塵(みじん)も思ってない」を読み間違えてそのまま憶えているみたいだ。

「全然思ってない」ということであって、美人かブスかは関係ないのだが…。

腹八分目に聞く

世の中にはいい加減なことをいう奴がいる。そういう人の発言を受けてある人がこう言った。「あいつの言うことだから腹八分目に聞いておくわ」

確かに食事は腹八分目くらいが健康に良いのだが、話を聞く場合は80%まで行くと信用のし過ぎで、「話半分に聞いておく」くらいが丁度良いらしい。

フランス式

電通の某氏が同僚に「おい、フランス式の葬式って、一体何着て行けば良いんだ?」と訝しげに尋ねた。某氏が手に持っていた訃報連絡票には「葬儀は仏式」と書いてあった。

ヘルスクラブ

もうかなり昔のことになるが、日清食品提供の綱引き選手権というのがあって、参加チームが少なかったので各放送局や代理店の営業関係者が随分借り出された(僕もそのひとりだ)。スポットデスクのチームなので「線引きチーム」などと情けない名前が多かった。僕らはほぼそれの単純英訳版と言って良い「ライナーズ」というチーム名で参加した。

中に知り合いの広告代理店のチームがあった。会場でチーム名が「ヘルスクラブ」とアナウンスされて皆ずっこけたが、実は彼らが提出した書類ではちゃんと「ヘラクレス」という強そうなチーム名がついていた。

マルイマルイ

吉祥寺を歩いていたら、隣で話している若い女性2人の声が聞こえてきた。

A:「昨日マルイマルイで買おうかなと思った洋服があったんだけど」
B:(笑いながら)「どうしてマルイマルイって2回言うの?」
A:「え? ああ、私、何故だか知らないけどマルイマルイって言っちゃうのよね」

思うにこの女性Aは東京に出てきて間もない人なのだろう。そして、マルイマルイではなくマルイだということもこの時初めて知ったのだと思う。ま、あの看板(マーク)を見ると2回言いたくなるのも無理はない。

【註】当時、関西には、というか関東以外には、マルイは1軒もありませんでした。

紫式部

随分昔に(いつの時代なのかは最後まで読んでいただければ判る)広告代理店I社のK氏から聞いた話。

当時K氏は某石油会社を担当しており、その会社の総務部長に対して新しいCMのプレゼンを行った(この会社には宣伝部はなく、宣伝は総務部が担当していた)。

K氏の提案の趣旨は、「若い層にアピールしたいのであれば若いアイドルをCMに起用しましょう」というものだった。例えばということで何人かアイドルの名前を挙げてみたのだが、この総務部長タレントのことは何も知らない。困り果てたK氏は、部長に高校生の娘がいることを思い出して、「お嬢さんに聞いてみてください、きっとご存知ですから」と言った。

それでその夜、父と娘の間でこんな会話が行われた。

父:「お前、紫式部知ってるか?」
娘:「何それ、急に」
父:「知らないのか?」
娘:「知ってるわよ。古文の教科書に載ってるもん」
父:「違うよ。ローラースケート履いて歌うんだよ」
娘:「お父さん、それは光GENJIでしょ」

【2009年1月註記】この小事件から20年近くたってから、パロディであるとは言え、本当に「紫SHIKIBU」というグループが結成されたと聞いてびっくりました。

目からナマコが落ちる

私はずっとこの表現を使っているので、周りには私のオリジナル・ギャグだと思われているかもしれないが、実はこれある人の(誰だったか忘れた)言い間違い。

目からナマコが落ちるところよりも、落ちる前を想像した方が気持ち悪い。

めんたいこ

ある番組のグループ・インタビューを行った時のこと。司会者と対象者の主婦の会話。

「皆さん、平日の夜7時台と言うと、いつもどんな番組をご覧になってますか?」
「ええと、ウチはあれですんねん。いつも子供があれ見てますわ。ええと、ほら、めんたいこ、めんたいこ…、名探偵コナン!」

多分憶える時にそうやって関連付けたんでしょうね。でも、予め仕込んできたネタとちゃうか?という話もありました。大阪だけにそれもあり得るかも。

物の怪さん

聞き間違えたんじゃなくて、聞いた瞬間はちゃんと憶えていたのに復唱しようとすると思い出せないことってありますよね。

会社に電話が掛かってきて取り次いでくれた女の子がこう言いました。

「えーっと、もののけさんからお電話です」

電話をくれたのは東雲(しののめ)さんでした。

歪んで死ぬ

音かけじ氏からの投稿です。音氏の叔母さんの話だそうです。しかし、これは関西人しか解らないでしょうねえ。

これ、もともとの発言は「胃癌で死なはってん(胃癌で亡くなったのです)」。それを聞いた叔母さんが勝手に「歪んで死なはった」と思い込んで、身体の捻じ曲がり方まで頭に思い浮かべながら他の人に話しておられたそうです。

非関西圏の方々、まだ解りませんよねえ。関西弁では「ゆがむ」が「いがむ」になるのです。ちなみに「ゆがみまくる」は「いがみたおす」になります。

Copyright©yama-a Oct.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ