書いて確かめる日本語にない音

外国語が外来語として日本語になる時に入れ替えられてしまった、日本人に発音できなかった音については今まで何度か書いてきました(内容的に一番近いのは7年前に書いた「書ければ言える?」です)。

日本人が th や v の音が発音できないのは仕方ありません。日本語にない音なのですから。v については「ヴ」という表記を発明して、かろうじて文字で表せるようになりましたが、th については未だに書きようもありません。

そういうことを考えていて、ふと気がついたのですが、逆に日本の仮名で表せない音を探せばそれが日本人に発音できない音のはずです。

何を言っているか分からないかもしれませんが、日本語の音をローマ字表記してみれば良いのです。

例えば、アイウエオなら a i u e o です。これは全部書けます。カキクケコなら ka ki ku ke ko。これも然り。

でも、サシスセソを書いてみてください。ただし、訓令式ではなく、音の通りに表すヘボン式で。

sa shi su se so ──ね? シだけが変でしょ? 本来なら逆に言うと sa si su se so のはずじゃないですか。そこに sha shi shu she sho の shi が混入しているのです。サ行がこんな構造だから、日本人は si の発音が苦手なのです。

もちろん今ではほとんどの人が外来語に慣れてしまっていますので、容易に si を発言できます。でも、明治の日本人には大変苦手な発音だったはずです。

sea も she もシーとしか書きようがないわけですから、これを区別して発音しろと言うほうが酷です。もひとつ言えば、thi もシ(またはジ)ですし…(笑)

また、逆に sha shi shu she sho のほうを考えると、シェは古来の日本語にはなかったはずです。外来語以外でシェ音を探すのは難しいでしょ? そういう訳で、多分昔の日本人にはシェは難しい音であったと思われます。

ちょっと逸れました。元に戻りましょう。

サ行に続いて、次のタ行はもっと変です。ta chi tsu te to。本来なら ta ti tu te to。ここに cha chi chu che cho の chi と tsa tsi tsu tse tso の tsu が混じっているのです。そのおかげでティとトゥは日本人の苦手な音になっています。

そして、タ行がサ行と違うのは、sha shi shu she sho は 全部日本語で書き表せる音であるのに対して tsa tsi tsu tse tso の中で元から仮名で表記できたのはツだけなのです。

そこで後に、ツ以外にはツァ、ツィ、ツェ、ツォという表記を宛てることが考えだされ、主にイタリア語やドイツ語などの表記に使われ初めました(カンツォーネとか『ツァラトゥストラはかく語りき』とか)。

こんな風にア行からワ行まで順番に書き記して行くと、日本の50音は極めて例外の多い構造だということが分かります。

ザ行も変ですよ。忠実に音を書き留めると za zi zu ze zo じゃないんです。za ji zu ze zo なんです。ja ji ju je jo が入り混じっています。そして、この中で日本語に元からなかった音は je です。

従って、zi と同様に(いや、she と同様にと言うべきかもしれませんが) je も日本人の苦手な音だったはずです。

もっと変なのがダ行。da ji zu de do。ザ行イ段とダ行イ段が同じ ji になるのも変です。表記としてはジとヂで、古語では jiと dzi という風に違う音だったのかもしれませんが、今では同じです(他にズィ zi というのもあります)。

よって、di と du は日本人がかつて発音できない音であったはずです。

そうやって考えて行くと、僕らの祖父や曾祖父、あるいはその1代前の世代が外国語を日本語に当てはめる時にどうして失敗したかが分かります。

ティが発音できないから、チケット、チーム、マルチ、コンチネンタル、ロマンチック、プラスチックなど全てのティがチになりました。

でも、誰かがティという書き方を発明してくれたおかげで、今ではロマンティック、プラスティックなど新しい書き方が生まれてきています。

トゥも同様。ツー、ツリー、ツイン、ツイート──日本語に音がなかったからこんな表記になってしまい、これを読んだ日本人はますます発音できなくなってしまいました。

また、ジェが日本語にない音だったから、ゼリーやゼネラルなどという表記が定着してしまいました。

そして、ディが発音できなくて、ジレンマ、エジソン、ガンジー、スタジアム、カージナルス、コートジボワールなどと、音を変えてしまいました。 拗音まで含めるともっとあります。

デュがうまく発音できないので、スケジュールやホンジュラスという表記が定着してしまいました。でも、後に発音できるようになった日本人はデューク、デュエットなどと書いています。

そしてシェが発音できなかったから、昔の日本人は milk shake をミルクセーキにしてしまったのです(ゼントルマンと同じ構造です)。おそ松くんのイヤミ氏が出てきてシェーが言えない子供はいなくなったはずですが(笑)

こんな風に書いてみると、何故外来語の表記と発音が乱れているのかがよく判ります。

ま、それが分かったって何ということはないのですが、でも、そういうことを意識することが、外国語の発音が上手くなる第一歩だと、冗談でなく私は思っています。

Copyright©yama-a Nov.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ