名前の漢字感

今回は、人さまの名前をとやかく言うのが本意ではない、と最初に宣言した上で書くことにします。

近年はドキュンネームなどというのをよく見聞きします。とんでもない当て字であるだけに留まらず、「なんで自分の子供にそんな名前つける?」と首を傾げたくなるような名前です。

今ここで私が書こうとしているのはそういう名前ではありません。そこまで行っていない、もう少し普通の例です。

例えば、(例を書くと途端にその名前の人を貶しているような印象を与えてしまうのですが、書かないことには説明できないので書きますと)「舞優」とか「美咲紀」とかいう名前です。

それぞれ「まゆ」「みさき」と読ませるのでしょうが、どうも私は旧い人間なのか、途中で突っかかってしまうのです。

マイユウ? なんだろう? 「まいう〜」なら石塚英彦なのだけれど…。

「なんで?」と言われるかもしれません。「舞う」の「舞」だから「ま」で良いのではないか?と

そうなんですよ。同じように「咲く」の「咲」だから「さ」で良いのです。

でも、「舞子」はどうですか? 「舞浜」はどうですか? 「まいこ」でしょ? 「まいはま」でしょ?

確かに漢字の読みとしては「い」は送り仮名なのであって、訓読みの音としてはあくまで「ま」なのですが、固有名詞の時は往々にして送り仮名まで含めて「まい」と読ませてしまうのです。

それはちょうど「組み合わせ」を「組合せ」と書いても良いのの逆みたいなことです。

そういうことは、地名でも苗字でも、一般に認められているのです。「取手」は「とて」ではなく「とりで」です。「持田」は「もた」ではなく「もちだ」です。

だから「伊藤咲子」さんは「いとうさこ」ではなく「いとうさきこ」と読めるのです。「伊東美咲」さんは「いとうみさ」ではなく「いとうみさき」と読めるのです。

そういうことを前提として漢字を読んできた私のような者の前に、突然「舞」を「ま」と「咲」を「さ」と読ませる名前が出て来ると、混乱してしまうのです。

途端に漢字は意味を表すのものではなく、音を表すものだと言われているような気になるのです。

なるほどと思われた方もあるでしょう。でも、反論する方もあると思います。例えばこんな風に:

何を言っているのか? では万葉仮名はどうなる? 昔の日本人は皆そういう風に漢字を読んできたのである。

はい、そうなんです。まさに私が言いたかったのはそういうことなのです。つまり、日本人の漢字感覚が万葉の昔に戻ってしまったような気がするのです。

万葉仮名というのは、表意文字である漢字を無理やり表音文字に使い、つまり、文字に本来備わっている意味を消し去って音を充て、それを崩して作り出した文字です。

やがて「安」が「あ」になり、「以」が「い」になりました。それは意味から記号への転生です。

しかし、名前に使う漢字なのだから、私は当然そこには意味がこめられているものだと思い込んでいました。

でも、「リカちゃんは何年生まれ?」にも書いたように、最近は響き優先で選んで、それにどういう漢字を充てるかという順序で名前が決められることが増えているように思います。

例として女の子の名前ばかり挙げましたが、男の子の名前でも同じような傾向が出てきていると思います。

そういうことを見ると、漢字に対して意味よりも響きを求めているようで、日本人の漢字感が変わってきたような気がしてならないのです。

テレビを見ていたら、「漢字が漢字でなくなって、感覚的な『感字』になってきている」と言っている人がいて、ああ、やっぱり同じことを感じている人がいるんだ、と思いました。

今回私が書きたかったのはそういう漢字に対する感覚の話です。個々の名前を云々する気はありませんので、念のため。

Copyright©yama-a Dec.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ