キーボード

ブログのほうに記事を書きましたが、最近 Chromebook を買いました。「最初はかなり戸惑うだろうが」と書いたのですが、案の定いきなり戸惑ってしまいました。

とりあえず電源を入れて、使えるようにするための最低限の設定をしている最中でした。

メール・アドレスを登録しようとして「@」を打ち込んだつもりが、出ません。何故だか「”」が出てきます。うむ、まあ、何が問題なのかは想像がつきます。どう問題なのかは分かりませんが(笑)

私が買ったのは米国HP社製の並行輸入品です。従って、日本の PC とは少し違うキーボードがついているのです。

無論いずれも QWERTY型と言われる配列なので、アルファベットの最上段は左から 「QWERTY」です。中の段は左手の小指の位置から「ASDF」で、右手の人差し指の位置から「JKL;」です。

その辺は同じなのですが、しかし、周辺部分が若干違うのです。

現に普段使っている日本仕様の PC を確かめてみると、Chromebook で「@」と書いてあった位置は、普段使っている PC では数字の「2」キーの上部分で、確かにそこには「”」と書かれています。

なるほど、だから、私が「@」を打とうと思っても「”」が出てきたわけです。

じゃあ、日本仕様のキーボードでは「@」はどこにあるんだ?と思って探してみたら、「P」のキーの右隣です。Chromebook では「P」の右隣のキーは「{」ですが、試しに押してみると「@」が出てきます。

めでたしめでたし
──なわけないでしょ! そんな変てこなキーボード使えないって!

てなことで「もう嫌っ!」と投げ出してしまう人もいるのでしょうが、ここで心静かに考えたら正解にたどり着きました。──「キーボード」の設定が間違っていたのです。

最初に電源を入れていろいろ設定するうちのごく初期の段階でキーボードの設定をやらされます。

私の Chromebook は米国製なので、「英語(アメリカ合衆国)」のキーボードを選ばなければならないところなのですが、自分が主に書こうとするのが日本語なので、ついついここで「日本語」を選んでしまうのです。

すると、備え付けのハードは英語用なのに、インプットの方式だけ日本語になっているので、そんなチグハグが起こるのです。

キーボード自体は「US」を選び、言語は「日本語」を選ぶのが正解なのです。さらに、「入力方法」に「Google日本語入力(USキーボード)」を設定すると見事に完了です。

そして、時々英文も書くので、言語に「English」を追加して、「US」のキーボードで2つの言語を切り替えながら使う(ちなみに切り替えは Shift+Alt)のが正解なのでした。

何故すぐにそこに気がつかずに間違った設定をしてしまったのかを考えてみると、原因は2つあると思います。

ひとつは「キーボード」。

キーボードとは本来キーを配列した物理的なボードです。私の Chromebook で言えばそれは米国仕様の並びになったボードです。

ところが、スマホやタブレットなど、最近出てきた物理的なボードを持たない端末では、当然液晶部分に入力用のキーが表示されるのですが、この仮想的な入力装置までがキーボードと呼ばれています。

それだけではありません。入力方法までキーボードと呼んでいる例があるのです。

例えば iPhone では「キーボード」を選ぶところがあります。デフォルトは iOS の「キーボード」ですが、日本語に強いと言われる ATOK のものや、私が最近使い始めた Yahoo!キーボードなどもあります。

しかし、実際ここで選んでいるのは「キーボード」ではなく IME なのです。IME = Imput Method Editor = 入力方式切替器です。

決して英語配列か日本語配列かを選んでいるのではなく、変換の方式が Apple式かジャストシステム式(ATOK)か Yahoo!式かを選んでいるのです。 その頭があるから、Chromebook に「どのキーボードにする?」と訊かれて「日本語」と答えてしまったのです。

実際には Chromebook が私に訊きたかったのは「どのキーボードにする?」ではなく、「お前が今触っているのはどこの国のキーボード?」ということなのでした。この辺りは訊く側の言葉足らずという気もしますが…。

2つめは、その問いの選択肢です。これが「日本語」と「US Keyboard」だから分かりにくいのです。「日本語式」や「US Style」だったら、もっとピンと来ます。

そういうことを考えると、言葉って本当に難しいなあと思います。

そういう難しいことを、そのキーボードで打ってみました。

Copyright©yama-a Dec.2014mark

目次へ 次号へ 前号へ