略語禁止ゲーム

お正月と言えば昔はよく家族集まってゲームをしたものです。今ではそういうこともめっきりしなくなりましたが、まあ、私自身はゲームや遊びが大好きなのは昔から変わりません。

大人になってからは(このサイトでやっているように)もっぱら言葉遊びですが(笑)

世の中にはいろんな言葉遊びのゲームがあります。

例えば、10年以上前のバラエティ番組でよくやっていたのが、「カタカナ語を使ってはいけない」遊び。これを例えば、外国から来たスポーツであるゴルフのプレー中にやります。

当然「ゴルフ」とも「プレー」とも言ってはいけません。「パー」も「ボギー」も、「ラフ」も「バンカー」も、「ナイス・ショット」も「OB」も「2ペナ」も言ってはいけません。

でも、そんなとこに気を取られているとついつい「ああ、早く終わってビール飲みたい」などと言ってしまうところがこのゲームのミソなんですよね。

そういう遊びの中で、前から一度やってみたいと思っているのが「略語を一切使ってはならない」ゲームです。これ、結構面白いと思うのです。

「就活」は「就職活動」、「学割」は「学生割引」、「中退」は「中途退学」と言わなければなりません。

英語などのアクロニム(頭文字を繋げた略語)も含むなら、USJ はユニバーサル・スタジオ・ジャパン、AED なんかになると原語の単語が難しすぎるので「自動体外式除細動器」と日本語で言うことになるのでしょうが、これがまた難しい(笑)

アクロニムの扱いだけではなく、ともかくルールは細かく決めておく必要があります。でないともめますからね。

となると、現代ではもう略語でしか使われなくなったものもやはり略語と認定するのかどうかという問題もあります。例えば「経済」は「経国済民(あるいは経世済民)」と言わなければならないのかどうか?

このケースでは、私がルールを決めるなら「経済」は略語から外します。言うならば略語と語源の違いで、「経済」が「経国済民」の略語なのではなく、「経国済民」が「経済」の語源なのだという感覚です。

では略語と語源の違いは奈辺にあるのでしょう?

例えば「団交」が「団体交渉」の略だと知らずに使っている人がいるとします。でも、そういう人に「団体交渉」と言ってもまず間違いなく通じますし、逆に「そうか、団交は団体交渉の略だったんだ!」と気づくかもしれません。

しかし、「経国済民」という言葉を聞いたことがない人に「経国済民」と言ってみても、多分全く意味の分からない人がたくさんいると思います。そして、まさかそれが「経済」と繋がっているとは見当もつかない人もいるでしょう。

そういう言葉については略語であるという認定はしないほうが良いと思うのです。

では、「早割」はどうでしょう? これは「早期割引」の意味ですが「そうわり」ではなく「はやわり」なので、成り立ちとしては「早(い)」+「割引」という構造かと思います。

しかし、では「はやわりびき」の略なのかと言えば、そうではないと思います。

何故なら「早割引き」という熟語を聞いたことがないからです。これは多分最初から新語「早割」として作られたものだったのでしょう。だから、私が提唱しているゲームでは「早割」と言ってもアウトにはなりません。

何をひとりでくだくだ書いているのか、と言われそうですが、それくらい真剣に、このゲームのことを私が考えている証だと思ってください(笑)

で、とりあえずどなたか、私と一緒にこのゲームをやってみませんか? 自分が如何にたくさんの略語を日常的に使っているかを思い知って唖然とすると思いますよ。特に若い人たちの日常会話は略語だらけですもんね。

自分は使ってこなかったけれど世間では平気で使われている略語にぶつかって驚くこともあります。

私が人事異動で今の職場に移ってから知ってショックを受けた略語は「株総」と「特利」でした。

最初は耳から入ってきて「株主総会」の略とは分からず、「カブソーって何だ? 下部葬か?」と本気で悩みました。

それから、「特別損失」を「特損」と呼ぶことに抵抗はなかったのですが、「特別利益」を「特利」と略すことにはいまだに強い違和感があります。徳利じゃあるまいしね。

さて、これを読んでゲームをやりたくなったら、私に声を掛けて下さい。でも、下手に呼ぶと即刻負けになりますよ。だって、「やまえー」も略語ですから(笑)

Copyright©yama-a Jan.2015mark

目次へ 次号へ 前号へ