ことばのとりあわせ

最近、ある特定の定型句や常套句の中でしか使われない単語を収集しています。

私が興味を持っているのは、なぜ定型句が定型句になったかということではなく、なぜ定型句の中でしか生き残っていない単語があるのかということです。 分かりにくいですから、まず例を挙げましょう。

「冥福を祈る」という非常によく使われる表現があります。しかし、「冥福を祈る」以外の文脈で「冥福」という単語を見たことがありません。

なぜ「冥福」という単語は他の形で使われないのだろうか?ということです。

そうは思いませんか? 冥福は常に祈られるばかりなのです。

あるいは「滅相もない」の「滅相」がそれ以外の表現で使われているのを目にしたことがありますか? これも他の組合せではまず見ることがない単語です。

これらは元々仏教用語であるということもあるのかもしれませんが、結構難しい表現にそういうのが多いように思います。

あるいは「一世を風靡する」。

これも一世以外のものが風靡されているのを聞いたことがありません。いや、それどころか、「風靡」がどういう意味なのかも大抵の人は知りません。「一世を風靡する」という塊でしか意味が分からないのです。

同じく「一」の入った熟語で言うと、「一命を取りとめた」というのもあります。これもまた「一命」以外のものが取りとめられたのを聞いたことがありませんし、「一命」が取りとめられず別の結果になったのも読んだ記憶がありません。

また、「命」を含んだ別の熟語では、「命に別状はない」というのがあります。

これも「命」以外のものに別状があった試しがありませんし、それよりも命に別状が「あった」ことさえありません。常に「命に別状はない」のです。この組合せの堅牢さは何なのでしょう?

「一」が出たので他の数字の例も探すと、「万障お繰り合わせの上」なんてのもあります。ここでの「ばんしょう」は「神羅万象」の「万象」ではなく「万障」です。つまりたくさんある差し障り、ですよね。

一万もの障害がなぜだか常に繰り合わされるのです。この「万障」もまた特定の定型句でしか用いられない「単機能単語」(私は勝手にそう名づけています)なのです。

よく似た表現で言えば、「万難」は排されるのに対して、「万障」は繰り合わされるというのも興味深い対比だと思います。

「排する」が自由にいろんな単語と結ぶのに対して、「繰り合わす」のほうは「万障」同様、割合人見知りする単語で、これら2つが強く結びついているところも面白く思います。

他にもまだまだたくさんありますが、例えば「情にほだされる」という表現。ここで焦点を当てたいのは「情」ではなく「ほだされる」です。

「情にほだされる」の意味するところは解りますが、「ほだす」が分かりません。そもそも「ほだす」というような能動態があるのかどうかも知りません。もちろん「情」以外のものがほだされた例も聞いたことがありません。

調べてみると、漢字では「絆される」と書くようです。「情に絡め取られる」という感じなのでしょう。

こういう例を眺めていると、これらの単機能単語は、他の用法がどんどん減って消えかかっているのか、それともひとつの用法に特化することによってしぶとく生き残っていると言うべきなのか、よく分からなくなります。

「ご冥福を祈ります」というのは便利な表現です。「冥福」がどんな意味か知らなくても、ともかく人が亡くなった時にはそう言っておけば無難に済むのです。

しかし、その一方で、定型句・常套句というものは「心のこもらない紋切型表現」「手垢にまみれた記号的表現」というイメージがあります。

私はそれが嫌で、誰が亡くなっても「ご冥福を祈ります」と言ったり書いたりはしません。また、実はこの表現はオールマイティではなく、宗派によっては(例えば浄土真宗の人には)使ってはいけない表現なのだそうです。

我々は「冥福」が何を意味するのか知らずに、皆が言うから自分も同じように言うのですが、改めて意味や由来を調べてみるとそういう意外なところに行き当たります。

少し落ち着いて考えれば誰にでも分かることですが、「冥福」が仏教徒以外、例えば敬虔なキリスト教徒に対して送る言葉でないのは言うまでもありません。でも、ついついそういうことまで考えずに安易に使いがちなのも事実です。

普段無意識に使っている表現をあらためて点検してみると、予想だにしなかった発見が結構あるのではないでしょうか。

ちなみに、この「だに」という古語の副詞も、現代の日常表現としては「予想」か「微動」以外の単語とくっついたのを見聞きした記憶がありません。

人と人の相性と違って、ことば同士の相性は思いのほか堅固なようです。

Copyright©yama-a Jan.2015mark

目次へ 次号へ 前号へ