女と男

間もなく公開の映画に『娚の一生』というのがあります。

私の勤務先も出資している関係で、昨年末に会社で観たのですが、廣木隆一監督らしい玄人好みの仕上がりになっているのではないかと思います。

榮倉奈々や向井理が出ている割には地味な作品なので、社内の評判は悪いかと思いきや、これが意外に女子には受けています。

原作は同じタイトルの、とても有名な漫画なのだそうです。

映画のポスターには豊川悦司が榮倉奈々に“足キス”する(と言うか、足の指を舐めまわす、と言ったほうが正確かと思うのですがw)場面が写っていて、これはクライマックスの、とても印象的なシーンなのですが、これもまた原作通りの、とても有名な箇所なのだそうです。

で、今回取り上げたいのはそんな中身の話ではなく、このタイトルについてです。『娚の一生』って読めますか?

これは「おとこのいっしょう」と読ませています。しかし、「おとこ」と打って変換キーを押しても「娚」は出て来ません。

しかもこの漢字は、私の持っている漢和辞典にはいくら探しても載っていません。何故なのでしょう?

で、MS-IME で手書き入力してみて判ったのですが、その訓読みは「めおと」です。試しに「めおと」と打って変換してみてください。多分、出て来ますから(MS-IME の場合は「単漢字」を押さないと出て来ないかもしれませんが)。

見たまんまですよね? 女と男で夫婦(めおと)。

音声的な成り立ちとしても「女=め」+「男=おと(こ)」で「娚=め・おと」です。

それを「おとこ」と読ますってどうよ!と思うところですが、まあ、作品のタイトルではそういう当て字・当て読みはアリなんですよね。

例えば『極道の妻たち』という映画が昔ありまして、あれはゴクツマと略されてましたが、正しい読みは「ごくどうのおんなたち」でした。

まあ、作者の意向でどうしてもそう読ませたいと言うのであれば、それはそれで良いのですが、しかし、仕事をする上ではちょっと困るのです。資料を作ろうと思っても漢字が出て来ないのですから。

私の部下は、どうしても打てないので仕方なく、もらったメールの本文から毎回コピーして貼り付けていたと言いますから、いやはや、担当者泣かせな話です(笑)

ところで、「嬲」は読めますか? これは「なぶる」。男2人が女を挟んでなぶりものにするんだそうです。

なんというセクハラ漢字か!とお怒りの女性の皆さんに向けて念のために書いておくと、同じ意味の漢字の異字体で「嫐」というのもあるのだそうです(笑)

ま、いずれにしても、あまりなぶらないでもらいたいものです。好きな女性の足指をねぶるぐらいなら構いませんが(笑)

(この文章は他の名義で他のサイトに書いたものに加筆修正したものです)

Copyright©yama-a Feb.2015mark

目次へ 次号へ 前号へ