立つ比重

語呂合わせで憶えるってことありますよね? 例えば学生時代に憶えた世界史の年号。あるいは電話番号。あるいは平方根とか自然対数の底などの数学関連。そして漢字。

そう、「紫」を「このいとはむらさき(『此』の『糸』は紫)」と憶え、「壽」を「さむらいの笛1インチ(『士』の『フ』『エ』『一』『吋』)」と洒落るアレです。

小学校の時、同級生の女の子が「男」という漢字を「『田』んぼの『力』仕事は男に任せろ」と唱えて憶えているのを聞いた記憶があります。

私は正直言って、「こんな単純な漢字を、そんな語呂合わせしないと憶えられないか?」と訝しく思いました。だって、漢字のパーツはたった2つなんですから。

でも、多分彼女はこの語呂合わせそのものが気に入って何度も口にしていたのだと思います。

しかし、それにしてもその時私は「この語呂合わせがそんなに面白いか?」と思ったのも事実ですが(笑)

私は小さい時から言葉遊びや語呂合わせが大好きで(だから今日に至るまでこんなサイトをやっているようなもんですが)、自分でもいろいろ考えました。例えば「努」という漢字。これはパーツ3つですよ(笑)

小学校の時に私が考えたのは、「『女』の『又』に『力』を入れる」──これは同級生たちに受けました。少しエッチなものを笑える年代に達していたということでしょう。

そういう語呂合わせで思い出すのが、(以前ブログのほうにも書いたエピソードですが)小学生時代のできごと。篠田章子さん(一応苗字だけは仮名にしておきましょう)が同じクラスだったから3年か、4年のときです。

篠田さんは色が黒くて、ショートカットで、ちょっと可愛くて…。そんなに目立つ子ではなかったですが、明るくて活発で屈託のない女の子でした。

その篠田さんのことで忘れられない事件が起こったのは漢字の書き取りのテストの時間でした。漢字が得意だった私は割合すらすらと解けたのですが、「文章」の「章」だけが分かりません。

用紙を伏せて考えていると、隣の席の篠田さんがヒソヒソ声で話しかけてきました。

「はやっ、もうできたん?」
「いや、1コだけ分かれへんねん」
「何?」
「ぶんしょうのしょう」
「アホやなあ、シノダアキコのアキやんか」
「それは分かってんねんけど、思い出されへんねん」

すると篠田さんが何の前触れもなく、それこそ何の屈託もなく、ぽろっと言ってしまったのでした。

「たつひじゅう」
「え? タツヒジュウ? 立つ比重?」

そうか、「立」「日」「十」か!

結局私はその答えを書いて、テストは確か満点だったと思います。でも、あの時の何とも言えない、微妙に後ろめたい気持ちは未だに忘れられません(笑)

ちなみに、これもパーツ3つの漢字の語呂合わせでした。

utsu

そして、世の中にはもっともっとすごいのもあります。私が一番関心したのは「鬱」の憶え方です。

「リンカーンはアメリカン・コーヒーを3杯飲んで鬱になった」

分解してみてください。

『林』の間に『缶』で「リンカーン」、『ワ』冠で「は」、『※』を45度回転して『米』を「アメリカン」と読み、その外側の囲いを90度回転して「コ」、その下が「ヒ」で合せて「コーヒー」、その右の『彡』を3と読んで「3」杯飲んだ。

パーツは7つ。よくここまでこじつけたと感心するくらい、非常によくできています。

でも、憶え方が難しく、却って憂鬱になります(笑)

Copyright©yama-a Feb.2015mark

目次へ 次号へ 前号へ