畳み掛けと語呂合わせ

「破れかぶれ」の「かぶれ」って何なのでしょう?

「漆にかぶれる」とか「西洋かぶれ」とかの「かぶれ」とは違いますよね。これは「やぶれ」という音に「かぶれ」という音を重ねた、多分単なる語呂合わせですよね?

そう思って考えると、そういう単語はたくさんあります。

擬態語系まで広げると、「えっちらおっちら」とか「しっちゃかめっちゃか」とか「てんやわんや」などたくさんありますが、そもそも前半の「えっちら」や「しっちゃか」の意味からして分からないので、ここでは前半は一般的な単語でできているものを考えます。

思い出すのは私が大学生の時に同じゼミの連中がやたらと使っていた「うんぬんかんぬん」という表現です。

ゼミの担当教官はいつも「君らの日本語はおかしいですよ。うんぬんという言葉はありますが、かんぬんという言葉はありません」とゼミ生をたしなめていました。

確かに「うんぬん」は漢字で書くと「云々」です。前半の un の n と後半の un の u がリエゾンして「うんうん」ではなく「うんぬん」になっています。意味は、字を見れば明らかなように、「いろいろと云う」ことです。

これに当時の学生たちが語呂合わせでくっつけたのが「かんぬん」でした。単なる語呂合わせなので漢字はありません。

同じ「うん」の音で拾うと、「うんともすんとも言わない」というのもあります。これも語呂合わせの畳み掛けでしょう。「うんと言う」は say yes ですが、「すんと言う」には意味がありません。

でも、改めて辞書を引いてみると、「『うん』に対し、声にならない軽い息づかいを示す」などと、もっともらしいことが書いてあるので驚きます。本当ですかね?

今度は「かん」を探してみましょうか。たくさんあります。例えば「何でもかんでも」。

「どう」が「こう」と結びついて「どうでもこうでも」となるのに対して、「なん」は「かん」とくっつく傾向で「なんでもかんでも」となるようです。

この例は他にもたくさんあります。

で、上の「何もかにも」で判るように「かん」はそもそも「かに」が訛ったもので、「何」に対する「彼」、「何に」に対する「彼に」だと思うのです。

「どう」が「此」に、「何」が「彼」に対応すると考えると面白いですよね。

で、「うんぬんかんぬん」の「かんぬん」は多分この「何」に対する「かん」を無理やり持ってきたものだと私は類推しています。

「破れかぶれ」の「か」音も、同じような影響を受けて出てきたものなのかもしれません。

でも、そういう風にある程度法則性の見えるものばかりではありません。例えば「押し合いへし合い」。なんでこれは「へし」なのでしょう? 単なる語呂合わせとしても若干不自然です。

と思って調べてみると、なんと「へす」を漢字で書くと「圧す」なんですね! そう「押し合い圧し合い」──これは意味のない語呂合わせではありませんでした。ちょっとびっくり。

同じような例をもうひとつ。

「にっちもさっちも行かない」。これも語呂合わせだけれど対句としては若干座りが悪いです。その答えになるかどうかは判りませんが、これは漢字で書くと「二進も三進も」となって、意味のある単語であることが解ります。

しかし、なんかこれは当て字っぽいですよね。そうは思いません? でも、辞書を引くと「そろばんのわり算から出た言葉」とあります。うーむ、当て字ではないのか?

漢字があると、何故か「らしく」見えてしまうところが不思議ですよね。

「めちゃくちゃ」や「むちゃくちゃ」も、ひらがなで書くと無邪気な語呂合わせに見えるのに、「滅茶苦茶」「無茶苦茶」と書くと、「滅」や「苦」や「無」のおかげで、なんか感じが出てきます。

意味が解らないのは「茶」だけです。

あ、随分話が逸れてきましたね。茶々を入れるのはこの辺にしておきましょう(笑)

しかし、最近「無理やり」よりも「無理くり」が使われるのはどうも無理やりウ段に音を揃えただけのような気がします。

普段から私は、何かにつけてこんなことばか考えています(笑)

Copyright©yama-a Mar.2015mark

目次へ 次号へ 前号へ