本当に損したか?

「〜しなくて損した」という表現をよく聞くのですが、私はこの手の表現にいちいちひっかかりを覚えてしまいます。「損」とは何だろう?と。

客が5千円札を出したのに店員が1万円と勘違いしてお釣りを出してしまった。──この場合は明確に店側が損をしています。

100万円で買った株を80万円で売った。──これも明確に20万円の損です。途中で1回だけ2000円の配当があったのであれば、19万8000円の損という考え方もできます。

でも、「ああ、あの時あの株を買っていたら、今ごろ20万円くらいは儲かっていたのに。くそっ、買わずに損した」というのは損をしているのでしょうか?

こういうツッコミをするとてきめんに「理屈っぽいなあ」と嫌われるのですが、実際に買っていないわけですから、損も得もしようがないではないですか。

パチンコやって1時間で5千円すってしまったら、それは5千円損したのでしょうか? 少なくとも1時間は遊んだのだから、5千円はその代金であるとも考えられ、高いか安いかはともかくとして損をしたとは言えないのではないでしょうか?

競馬で1万円すったのも同じでしょう。「勝ち馬投票券」と言うくらいですから、1万円は馬への応援代の合計であり、夢を買ったと考えるなら(私は競馬をやらないのでやる人の気持ちは分かりませんが)損したとは言えないのかもしれません。

5千円/1万円も使ったというだけではなく、貴重な時間をパチンコや競馬に費やしてしまって損した──と言うのも違うと思います。後悔するのは勝手ですが、損はしていません。

私は「損」という言葉を使う限りは、そこに現実的な引き算が存在しなければならないと思ってます。

払ったお金がいくら、得られたお金がいくら(あるいは得られたモノの相当額がいくら)、それを引き算すると儲けがいくら、あるいは損がいくら。

たとえ、本来得べかりける金額が明確に分かっていたとしても、それが単に計算上のものである限りは、いくら「○○円得られるはずだった」と言っても、そのチャンスを逃したことは残念ではあれ損ではありません。

何故そんなことにそこまで拘るかと言うと、私は「〜しないと損するよ」と言われるのが大嫌いだからです。

じゃあ、いくら損するのか見積書を出して収支を明らかにしてみろよ!

というのが私の反論です。

それは脅迫以外の何でもありません。ありもしない被害の妄想を植え付けて、何かに駆り立てようとするアンフェアな企みです。

たとえそれをやれば確実に1万円儲かると分かっていたとしても、それをやらなかったら1万円損するという言い方はウソです。

何もしないことは何も失わないのです。だからと言って、何かにつけて何もしないという生き方を推奨するのではありません。しかし、その一方で、そういうウソで人を追い込んで行くのは卑怯なやり口だと思うのです。

私はそういう勧誘や宣伝の仕方を「脅迫マーケティング」と呼んでいます。注意して観察していると、我々の日常会話の中にはなんと脅迫マーケティングが溢れていることでしょう(以前書いた「〜しておきたい」というのも同じです)

そういう言い方を私は頑として受け付けません。たとえ「そんな小難しいこと言ってると損するよ」と言われたとしても。

ネガティブな表現で煽るのではなく、「〜するときっと良いことがあると思うよ」というポジティブな構文で語りかけてもらうとありがたいです。

Copyright©yama-a Apr.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious