大和の豊かな言い回し4

今までに「大和の豊かな言い回し」というタイトルで3回文章を物しています。

やまと言葉を2つ連ねた言い回しには、外来語や漢語のようなビッグ・ワードにならず、しかも深い意味合いを豊かに表現することができるというメリットがあるのです。

例えば「添い遂げる」が「そばにいて何かを達成する」という意味ではなく、「さまざまな障害を乗り越え、遂に思いを通して結婚にこぎつける」という意味になるところを見れば、その豊かさ・深さは解っていただけると思います。

最初に書いた時には、「申す」系、「思う」系、「言う」系の合成語を取り上げました。そして、2回目はそういう絞り方はせずに、「申し入れる」「聞き入れる」「捨て置く」「聞き置く」といった表現を取り上げました。

そして、3回目は再び系統を絞って「持つ」系を取り上げました。

今回はまた違う例として、「見る」系を収集してみました。

上で「添い遂げる」という例を挙げましたが、昔の恋愛に関する言葉にはこのような情緒溢れる表現があまたあります。例えば「見初める」なんてのはどうでしょう?

「初めて見る」んじゃないですよ。いや、そもそもこれを「みそめる」と読めてますか?(「みはじめる」じゃないですよ)──これは「一目見て好きになる」という意味です。なんとしっとりとした表現でしょうか!

同じ「見る」にしても、見方は山ほどあって、「見やる」「見つめる」「見交わす」「見守る」「見定める」など、ニュアンスの多彩さには目を見張る(これは「瞠る」とも書きますが)ものがあります。

少し矛盾を感じる合成語もあり、例えば「見過ごす」「見落とす」「見逃す」などは、「見る」という表現を使いながら実はあまりちゃんと見ていないということを表しています。

「見るのは見ているのだけれど」あるいは「一旦見るには見たけれど」という裏腹な感じの単語としては、他に「見殺し」や「見限る」「見切る」「見放す」などがあります。

見るのに失敗した表現もたくさんあり「見間違う」「見誤る」「見紛う」「見損なう」などがそうです。

似たような意味でたくさんあるこれらの表現のニュアンスの違いを考えるのも面白いですね。

また、「発見する」よりも「見つける」「見出す」、「看破する」よりも「見抜く」「見通す」「見破る」、「調達する」「選定する」よりも「見繕う」と言ったほうが、柔らかく、しかし、そこはかとなく深い表現になると思いませんか?

「見返す」というようなとても単純な合成語が、どうして「昔あなどられた相手に、立派になった姿を見せつける」という複雑な状況を表すことになるのか、その辺を考え始めると、日本語はますます魅力的な言語に見えてきます。

「見せつける」もそうですよね。「見る」系ではなく「見せる」系にも大和の豊かな言い回しはたくさんあります。

面白いなと思うのは「見せしめ」です。これは「見せる」+「締める」ではないんですよね。「しめ」は使役の助動詞「しむ」の連用形です。つまりこれは元々「見させる」という意味なのです。

誰に見させるか?──大衆や家来などに。何を見させるか?──権力に楯突いた者の哀れな末路を。何のために見させるか?──権力の絶大さを示して従わせるために。

説明がこんなに長くなるということが、ひとえにその言葉の深い味わいを表していると思いませんか?

少し長くなりました。次回は「立つ」系を取り上げてみたいと思います。

Copyright©yama-a Apr.2015mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious