大和の豊かな言い回し5

さて今回は「立つ」系のやわらかい日本語を取り上げてみたいと思います。

「立つ」は本来 stand up です(いつも言うように、こうやって英語に置き換えたほうが意味が明確になってくるのは、すでに私たちが英語に毒されてしまっている証拠かもしれませんがw)。

この stand up をもう少しくっきりと表しているのが「立ち上がる」です。これは、文字通り立った結果ポジションが上に来たということであって、この場合の「立つ」は本来の「立つ」、言わば stand up 系本流の「立つ」です。

しかし、これがいろんな用言と結びつくことで元の意味は薄れて、他の意味合いを付け加えて行くのです。

例えば「立ちふさがる」は立つことによって相手の進路に塞がる(相手の進路を塞ぐ)ことですが、「立ちすくむ」は立つことによってすくむのではなく、立ったまま動けなくなってしまうことで、stand up の持つ能動性は少しだけ薄れます。

「立ちふさがる」「立ちはだかる」「立ち込める」などの「立ち」には、やや接頭語めいた、語調を整えたり意味を強めたりする働きがあるようにも見えます。つまり、「立ち」のない「ふさがる」「はだかる」「込める」でも意味内容はそれほど大きく異ならないのです。

「立つ」という単純な動作を表す動詞が、何かと結びついて比喩的な意味になるのも面白い用法です。

「立ち入ったことをお聞きしますが」と言う時の「立ち入る」には「立つ」という意味も「入る」という意味ももはやありません。ただ、他人のプライバシーを侵すという意味なのです。

「立ち回る」もそうです。直接的な stand up や go round ではなく、動き回って上手くやるという抽象的な意味に転じています。

他にも「立ち直る」「立ち行く」「立ち後れる」など豊かな表現がたくさんあります。

「復旧した」「回復した」などと言うよりも「立ち直った」「持ち直した」のほうが心情に訴える表現になるのはこれまで何度も書いてきたことです。 「対抗する」や「挑戦する」よりも「立ち向かう」のほうがイメージが膨らみませんか?

そして、「立ち上がる」が非常に即物的な表現なのに、「立ち上げる」になった途端に「起動する」や「設立する」という難しい概念を表すようになるようなところも面白いとは思いませんか?

あ、確かに「立ち上がる」にも「行動を起こす」という抽象的な意味がありますが、逆に「立ち上げる」のほうには即物的な意味がないところが面白いと思いませんか?

大和言葉本来の豊かさに立ち返って、日本語を捉え直してみるのは愉しい作業です。

Copyright©yama-a May.2015mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious