推敲のススメ

私は他人から時々表現がきついと言われることがあるのですが、これでもネット上にあまりネガティブなことは書かないように気をつけているつもりです。

個別の映画評や書評を載せているブログのほうでは、どんなにひどいと思った映画や本も、なんとか良い点を見つけて、決してボロカスな書きっぷりにならないように、一生懸命気を配っているつもりなのです。

でも、毎年この季節(5月末)に、これだけはひどいなと思うものがあります。今まではグッと我慢して書いていないのですが、毎年「これ、本当に放っておいて良いのだろうか?」とさえ思うものがあります。

いや、人にはそれぞれの感じ方があって、何人も他人の感じ方を尊重すべきである、ということは理解しています。でも、みんなが(あるいは識者が)良いと選んだものが悉く良いと思えない時、私はどうするべきなのか考えてしまうのです。

たまには「私はそれを良いとは思わない」という記事を書いても良いのではないかと思うのです。それを書くことでより良いものが生まれる可能性だってきっとあると思うので。

だから、今回は思い切って書いてみようと思います。読んで気分を害する方がおられるかもしれないので、最初から謝っておきます──偉そうなこと言ってゴメンナサイ、と。

それはどこかの生保会社がやっている川柳コンクールです(毎年この時期に発表になります)。みんな本気であれが良いと思っているのでしょうか? どうも不思議で仕方がありません。

一つひとつ例にとって説明すれば分かりやすいのですが、さすがにそれでは個人攻撃のような様相になってしまいます。応募しているのはアマチュアの方だけに、それはあまり良いこととは思えません。だから、ここでは具体的には書かないことにします。

ただ、それぞれの上位入賞作品に共通して言えることがあります。それはアイデア一辺倒の勝負になっていないだろうか?──ということです。

入賞作品をひとつずつ読んでいると、私には「ここはこう変えたほうが良いのに」と思えるところが何箇所もあります。上位入賞作なのに「表現を変えればもっと良くなる」作品が多いところが解せないのです。

例えば、

この句は最初に結論を述べて手の内を明かしているから面白くない。五七五の最初の五と最後の五を入れ替えたら、最後まで読んだ時に驚きが得られる表現になるのに…

とか、

ここはこの単語ではなく、ほぼ同じ意味でもこちらの単語を持ってきたほうが、語り手の属性がくっきりと見えてきて、句全体にも面白みが広がるのに…

とか、

この「ああ」は字数を整えるためだけに挿入されており、川柳の中であまり巧く機能しているとは言えない。これを外して(これより2文字長い単語で)もっとニュアンスとインパクトのある表現に変えられないか?

とか、

この句はたった1字字余りであるだけで(あるいは、音の組み合わせが悪いために)、全体にリズムがのっぺりしてノリが悪い。笑いを取る極意は書いた文章でも話した言葉でも“スピード感”と“間”である。音や響きをもっと大事にして作るべきではないか?

とか、いろんなことを考えてしまうのです。

そう、それらは着眼点は良いのに表現が拙く、推敲すればもっともっと面白い作品になるのに、その途中で応募されてしまった未完の五七五という感じがするのです。

言葉にまつわるコンテストって、本来は着眼よりも表現のセンスを競うものなのではないでしょうか? 最初のひらめきではなく、推敲の結果を評価すべきではないのでしょうか?

主催者がそこのところをどう考えているのかが私には理解できないのです。

「偉そうに、そんなことを言うなら、自分で応募して1位を獲ってみろや」とお叱りをいただくかもしれません。でも、残念ながら、私が大切にしていることを、このコンテストの審査員たちはしっかり見てくれそうな気が全くしないのです。

(自分が勤めている会社の番組で恐縮ですが)川柳ではなく俳句の世界では、タレントたちの俳句を夏井いつき先生が推敲してみせる企画が当たっています。私は、彼女が一語を入れ替えただけで見事に表現が締まってくるところに、毎回感心してしまいます。

言葉の面白さって、本当はそういうところにあると思うのですが、違うでしょうか?

Copyright©yama-a Jun.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious