3文字略語の起源を考える(あまり真剣に読まないで下さいねw)

略語についてもこのホームページで何度も書いてきました。

これまで繰り返し書いたのが、かつては2つの単語(あるいは部分)から2音(あるいはカナで2字)ずつ取ってきてくっつけるのが一般的であったのに、それが1+2や2+1の3音略語になっていることに馴染めないということでした。

で、何故こうなったのだろうとずっと考え続けて来たのですが、とうとうある推論にたどり着きました。はい、突然思いついたんです(笑) ちょっと穿った見方かもしれませんが、それは名前の略から発生したのではないでしょうか?

具体的に言うと、ゴクミです(笑)

ゴクミ=後藤久美子。2音ずつ取ってくる従来型の略語生成法ならゴトクミのはずです。

一方、藤はトウであり、ou という2重母音を含む1音節なので、英語式に音節単位で2つずつ抜くならゴトウクミが正解です。しかし、それではコの1音分しか短くなっておらず、何のために略したのか分かりません(笑)

あるいは、略語の作り方として、2音(あるいはカナで2字)ずつではなく漢字1字ずつを取るという考え方もあります。漢字は2音のものが多いので、両者は結果的に一致することが多いのですが。

例えば、援助交際はどちらの考え方で略してもエンコウになります。

その方式で行くと後藤久美子はゴク(後久)という1+1=2音の略語になってしまい、これでは誰のことかさっぱり分かりません。

だからといって苗字から漢字2つ分を取ると省略なしになってしまうので、名前部分だけ2字目の美まで取って後+久美でゴクミとなったのではないでしょうか?

後藤久美子=ゴクミと比較して遠藤久美子=エンクミを考えると、上の説はそれほど的外れでないような気がします。後藤でも遠藤でも最初の漢字1字を取ったのです。だから後藤久美子はゴクミ、遠藤久美子はエンクミなのです。

では、同じ後藤で探してみましょう。

後藤真希=ゴマキ。やっぱり後藤の場合は2音ではなく1音だけ取るのです。

で、名前の例から一気に飛躍するのですが(笑)、それと同じようにしてできたのがメアドであり、読モであり、ラノベであり、コスパなのではないでしょうか?

ひとつがまかり通ってしまうとみんなまかり通ってしまうのです。それが証拠に堀北真希はホマキになってしまいました。

なんでホリマキじゃないのでしょう? 堀内健(ネプチューン)がホリケンなのだから、堀北真希はホリマキで良いではないですか。後藤真希が後真希なら、堀北真希は堀真希になるのが筋でしょう? 堀は2音の漢字なのにそこからホ1音だけ抜いてきたのが反則なのです(笑)

ホマキの最大の問題は不可逆性、つまり遡及の難しさです。ホマキから堀北真希にたどり着くのが難しいのです。

3文字なのでまず1+2なのか2+1なのかで迷ってしまうのですが、ホマという漢字が思い当たらないので、これはホ+マキだろうと考えるわけです。しかし、そのように分解してしまうと、どうしてもホという読みの漢字を探すのが人情というものです。

ホ・マキ? 保? 帆? 穂? 穂口真希じゃなくて、えっと…。

そこがゴクミやゴマキとの違いです。そのようにして、略語はなし崩し的に分かりにくくなって行くのです。

そうやってコスパやサムネやセトリがまかり通るようになるのです。

コスパ? コ+スパなら後半はスパークかスパゲティ? コス+パならコスチューム・パフォーマンス?

そうやって耳で初めて聞いて想像がつかない略語が増えて行くのです。一般名詞でも固有名詞でも。

昔の流儀に則るなら、ジョニー・デップはジョニデではなくジョニデプだったはず。

往年の名酒はジョニ赤、ジョニ黒、名優はジョニデプ。

なんでプが落ちたのか、腑に落ちません。徐々にではありますが、略語は変わりつつあります。

Copyright©yama-a Jun.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious