熱の行方

風邪を引いて思い出したのですが、昔は風邪の治療と言えば思いっきり厚着をして、家にある限りの布団を引っ被って、ともかく汗をかけと言われたものでした。

それが最近では逆に適度に熱を逃したほうが良いと言われます。無理して汗をかこうとすると熱中症になってしまうらしいのです。

そう言えば、昔はスポーツの途中で絶対に水を飲ませてもらえませんでした。全ての教師、先輩、あらゆる指導者が「水飲むとバテる」などと言ったものです。

しかし、今ではこちらも明白に熱中症の原因とされており、むしろみんなが水分の補給に気を配っています。

昔は一事が万事こんな感じだったのです。何と言うか、もちろん良いと信じてやっていたのですが、要するに体にギリギリまで負荷をかけて、ギリギリまで耐えさせて乗り越えさせる、という荒療治でした。

医療でも体育でも、それがほぼ万人に共通の人生観だったのです。

暑くても負けるな!頑張れーっ、てなもんです。よくもまあ、みんな脱水症状に陥って倒れなかったものです。言わば一億総熱中時代なのでした。

そうそう、テレビ・ドラマで水谷豊の北野先生が熱い教師を演じた熱中時代だったのです。いや、もっと昔から、例えば夏木陽介が、竜雷太が、村野武範が、森田健作が、中村雅俊が、日本中みんながみんな、ずっとずっと熱かったのです。

思えばアメリカで cool という単語が「カッコいい」の意味で使われ始めたのはいつ頃だったのでしょう?

今では熱いよりも冷えている方がカッコいい時代になってきたということなのです。

とりわけ日本の、今の若い人たちの間では、顔を真赤にして必死で頑張って成し遂げた奴よりも、あんまり必死になっている風でもなくうまいことやった奴のほうがカッコいいと思われると聞きます。

では、ひたすら熱い奴は忌避され嫌悪されるのかと言えば必ずしもそうではないようです。

例えば、極度に暑苦しい松岡修造を面白がる文化があるにはあるのです。

かつてカッコいい男の典型は「不言実行」でした。これは熱中時代より幾分古い時代の高倉健さんらの頃です。

それがいつの間にか「有言実行」という新しい四字熟語の造語に取って代わられてしまいました(今では逆に「有言実行」をもじったのが「不言実行」だと思っている人がいるくらいです)。

昔はそもそも思ったことを安易にベラベラ口に出すことからして、男として既に落第でした。それが今や、クールに宣言してクールに達成するのがカッコいいのです。

でも、そんなことはもちろん誰にでもできる芸当ではありません。クールに宣言するのはとても勇気のいることですし、それをクールに達成するためには、本当はその裏で、途轍もない努力が積み重ねられているはずなのです。

クールに生きるのは簡単な道ではありません。それを上辺だけなぞろうとするのはとんでもない心得違いです。

今こそ私たちは(健さんの時代のカッコいい男に戻るのは無理でも、せめて)皆に笑われながらも松岡修造的な道を探ることを考えるべきではないでしょうか?

風邪とスポーツの熱中症の話から、なんだか全然関係のない話になってしまいました。もちろん風邪を引いた時に今更松岡修造的治療法を試みる必要はありません(笑)

※ この文章は2014年の6月にブログに書いた文章に加筆し、推敲したものです。

Copyright©yama-a Aug.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious