受ける?

最近の若い人は面白いことがあるとよく「ウケる」と言います。「ウケるぅ」と伸ばしながら言って笑ったります。「超ウケるんですけど」なんて言い方もよくします(その言い方で馬鹿にされていることもままありますがw)

この表現が、しかし、上の世代にはあまり受けません。

新しい表現が古い人間に受けないのはごく当たり前の現象なのですが、しかし、では、何故この表現の受けが良くないのかを考えてみました。

「ウケる」はもちろん古い世代が「…って言ってみたら、随分受けちゃってさ」などと言っていた「受ける」と同じです。

この「受ける」という表現は、芝居などで観客から拍手喝采を受けるというところから来ているようです。

だから、これは常に「AがBに受ける」という形を取る表現でした。主語Aとなるのは受けた内容、あるいは受けた人でした。Bは受けた相手(つまりAやAの行為や発言などを評価したり面白がってくれた人たち)でした。

語源という観点から述べるならば、「AがBの拍手喝采を受けた」わけです。

若い人の「ウケる」が気持ち悪いのはBがAに向かって言っているからです。本来はウケるの主語はAのはずなのに。

つまり、年寄りの感覚からすると、私があなたに何か面白いことを言ってあなたがそれを面白がった時に、本来は私が「受けた」と喜ぶのであって、あなたが私に「ウケる」と言うのは、なんだか徹底的に馬鹿にされたような気がするのです。

考えようによっては彼らの言う「ウケる」は「それが私に受ける」を縮めたものだと言えるのかもしれませんが、それでもなんだが気持ちが悪いです。「受けた」と過去形になっていたなら少しはニュアンスも違って来るんですが…。

そして、そもそもが芝居の観客を念頭に置いた言葉であるだけに、受けるというのは複数の、大抵は大勢の人たちから好評を博した時に本来使うべき言葉なのでしょう。

「好評を博す」と書いて思い出したのですが、広告宣伝の言葉で「好評発売中」とか「絶賛上映中」などという表現があります。

今でこそテレビCM などでも聞かれるようになってきましたが、私が会社に入った頃は、こういう CM表現は広告主に差し戻して改稿してもらったものです。

「自分で絶賛するな」というのがその理由でした。絶賛するかどうかはテレビを見ている人、あるいはその商品を利用した人が決めることであって、売る側が自分で言うことではないのです。ましてや発売前に書けるコピーではないはずです。

もし、本当に好評を博しているなら、「XX年度の○○アンケートで第1位を獲得」というような科学的根拠を示せ、というのが当時の CM考査の立場でした。

それがフツーに許されるようになってしまったことと、この「ウケる」がはびこってしまったことには、似たような根っ子があるような気がします。

果たして、この説が皆さんに受けるかどうかは定かではありませんが(笑)

Copyright©yama-a Sep.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious