大丈夫2

居酒屋の前を通ったら「居酒屋○○○です。大丈夫でしょうか?」という客引きに遭って仰天した話は前に書きました

「君のほうこそ大丈夫かね?」と言い返してやりたいと書きましたが、まあ、でも、言っている本人がどういうつもりで言っているかは解ります。ただ、その日本語がちょっと違うのです。

どうしてもそれぐらいの短文で勧誘したいのなら、「居酒屋○○○です。如何でしょうか?」ではないでしょうか?

これでも文の構造としては何が如何なのか明確ではないのですが、まあ、状況から客引きをしているのだということは判るでしょう。なんなら「居酒屋○○○です。一杯如何でしょうか?」と言い足せば、意味は明確になります。

ここでの「如何」は how about です。How about coming to our place? と、店の提案(勧誘)をしているわけです。

そう、英語に置き換えてみると解るでしょう? 「大丈夫でしょうか?」だと Is it all right? で、「何が?」って訊き返したくなるじゃないですか。

さて、あれから半年以上経って、今度はコンビニのレジでこんなことを言われました。

「ポイント・カードは大丈夫でしょうか?」

またしても「大丈夫」です。これ、意味分かります? どう返します?

「え? ポイント・カードは多分、財布の中に入れてあるので、大丈夫、盗られてないと思いますけど?」

「あ、そういう意味じゃなくて? あ、そうか、最近使ってないから磁気が馬鹿になってるかも。いや、これ磁気じゃなくって ICカードでしたっけ? いや、割れたりはしてないはずですけど…」

そんな風にあたふたしそうじゃないですか。

でも、店員さんが言いたかったのはそういうことではないのです、多分。

「ポイント・カードにポイントを付与しなくても良いですか?」──私のような規範性の高い日本語の話し手が言うと恐らくこういう表現になることを言いたかったのです。

ええ、付与しなくて結構です。だって、私はこのチェーンのポイント・カードは持っていませんから。

でもね、「ポイントを付与しなくて良いですか」を「大丈夫ですか」にするのは、あまりにも雑駁な簡略化じゃないですか。

相手がポイント・カードを持っているかどうか定かでないわけですから、まずは「ポイント・カードはお持ちですか?」と訊くべきでしょう。

そして、そういう風に言えば、カード保有者ならすぐに意味を理解して、「あ、あります」と言ってカードを出してポイントを付けてもらうでしょう。 どうしてそう言わないのでしょうか?

もし相手がポイント・カードを持っていなくて、でも、今作ってほしいと言われたら面倒くさいからなのでしょうか?

私にはよく分かりません。ただひとつ言えることは、最近の若い人たちはオールマイティの回答を求める傾向があるということです。その結果が、例えば「大丈夫」という単語なのだと思います。

「大丈夫と言っておけば多分大丈夫」とでも思っているのでしょうが、実は全然大丈夫ではありません。

何故なら会話でも仕事でも、オールマイティの解なんてどこにもないからです。

私たちは常に相手の反応を見て、周りの状況を把握して、将来への影響を想像しながら、瞬時に臨機応変に言葉を選んでいます。 臨機応変に対応できるのは、オールマイティの一単語があるからではなく、その時その場面に相応しい、それぞれにニュアンスの異なる多様な言葉があるからなのです。

「大丈夫」一語で大丈夫なら苦労はしません。そんな安易な解を求めて、あまりにも雑な日本語を使っていませんか? あなたは大丈夫ですか?


【おまけ】

上で書いたこととは直接関係のない話なのですが、ちょっと思い出したので書きます。

「大丈夫」は英語では all right (alright) と書きましたが、他に OK (okay) という表現もあります。

さて、話は変わりますが、1979年にデビューしたアメリカの歌手にスティーブ・フォーバートという人がいました。彼のデビュー曲 Romeo's Tune は日本でも少し話題になりました。

私は大好きでレコードを持っていたのですが、この歌詞に alright と okay の両方が出てきます。

Meet me in the middle of the day
Let me hear you say everything's okay

(中略)

Meet me in the middle of the night
Let me hear you say everything's alright

36年前に聴いていた時は、ただ「昼も夜も僕に会って大丈夫よって言ってくれ」という歌詞だと思っていたのです。2度めは okay を alright に変えたのは、ただ繰り返しを避けるためだと解釈していました。

でも、よく聴くと day は okay と、night は alright と脚韻を踏んでいるではありませんか! これは韻文として意図された単語の選択なのです。

ああ、私の耳(あるいは脳)はなんと okay でなかったのか!と思ったのでありました(笑)

[arrow このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Sep.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious