「すぎる」

最近「〜すぎる」という表現がむやみに使われるのが気になって仕方がありません。多分「美しすぎる市会議員」辺りから次第に広まってきたのだろうと思います。

その程度で止まっていれば良かったのですが、「うらやましすぎる」とか「それ、欲しすぎる」などとやたらと用法が拡張されてしまって、ここまでのべつ幕なしになると、強調したつもりが鮮度が落ちて、却って強調にも何にもなっていません。

古い話で恐縮ですが、野口五郎のヒット曲に『君が美しすぎて』というのがありました(1973年発売、作詞:千家和也、作曲:馬飼野俊一)。

「なんだ、そんな昔から言ってるじゃないか」と思うかもしれませんが、この歌の場合、詞はこんな風になっています:

美しすぎて君が恐い
美しすぎて愛が恐い

よく読み比べてみてください。この歌詞の場合は、単に「美しすぎる」で終わっていないところがミソなのです。

美しいのは基本的に良いことです。いくら美しくても「過ぎる」ことはないはずです。ところが、あまりに美しくて、そのために弊害が出てくることがあります。それが「美しすぎる」という、矛盾を孕んだ表現なのです。

この歌の場合は、愛する人が美しくて不都合なわけがないのですが、あまりにも美しいために、愛することが怖くなってくるのです。本来「〜すぎる」というのはそういう表現なのです。

市会議員やバレーボール選手や野球場のビールの売り子は、それぞれ美しけりゃそれで良いじゃないですか? そこに「過ぎる」を足すのは強調のつもりなのでしょうか? でも本来「過ぎる」という語が持っている意味が消し去られてしまっているのです。

あるいは「市会議員にきれいな人なんてひとりもいないじゃないか」という見くびりの表れなのかもしれません。でも、仮にそれが事実であったとしても「こんなにきれいな市会議員がいた」と驚けば良いだけのことです。何も表していない「過ぎる」を添える意味がありません。

あるいは「市会議員なんて美しくても仕方がないじゃないか」という狭量の表れなのかもしれません。確かに市会議員が美しい必要はないです。でも、かといって美しくて困るものでもないので、基本的に余計なお世話です。

単語を結合するのは本来ニュアンスを加えるためです。なのに、この場合、「過ぎる」という動詞が意味もなく駆りだされていることに、私はなんだか納得できないものを感じてしまうのです。

「単なる誇張に過ぎない」と看過ごせないところが私の弱点なのかもしれませんが(笑)

上で例示した「うらやましすぎる」や「欲しすぎる」という表現ではもっとこの傾向が顕著で、過度に羨ましいために、過度に欲しいためにこのようなデメリットが発生するという実体がないのです。

少し考えてみましょう。言葉を強調する手立ては何かをくっつける(つまり、「美しい」に「過ぎる」を繋いで「美しすぎる」にする)ことだけではありません。

私は中学生の頃に「羨望」という言葉を憶えて、そうか「みんなが羨ましがる」よりも「みんなの羨望の的である」のほうが羨ましさが強い気がするなあ、などとひとりで納得したものです。

表現とはそんな風に感じて考えて工夫して、入れ替えたり繋いだりして作り込んで行くものであり、安易に意味もなく付け足すものではありません。

だから、「〜すぎる」一辺倒の強調からちょっと脱却してみませんか? 昔から言うじゃないですか。過ぎたるは及ばざるが如し、と(笑)

Copyright©yama-a Oct.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious