組み換えられなかった遺伝子

時々変なことが気になってきます。いや、自分では特段変なことだとは思っていないのですが、そういう疑問を他人にぶつけると「変なこと」と言われてしまうということです。

以前「無洗米」という表現は「既洗米」とか「脱洗米」としたほうがしっくり来るのではないかというようなことを書きましたが、今回もそれと似たような表現上の話です。

最近気になるのは加工食品の成分表示。「大豆(遺伝子組み換えでない)」という表現です。

何か違和感を覚えませんか?

私はこの「遺伝子組み換えでない」が括弧に入って後ろから掛かっている感じがあまりに日本語らしくなくて、気になって仕方がないのです。

このように括弧を使って書きたいのであれば、「(遺伝子組み換えでない)大豆」ではないでしょうか? 日本語では修飾語は前から後ろに掛かるのです。大豆は大豆でも遺伝子組み換えではない大豆というのであれば、この語順になるはずです。

いや、もっと言えば、この括弧自体が余計なのです。「成分:遺伝子組み換えでない大豆」のどこが悪いのでしょう?

他の成分表示とのバランスでしょうか?

「コーンスターチ」とか「増粘剤」など、他の成分と並べた時に、「遺伝子組み換えでない大豆」というのではあまりに長すぎ細かすぎるので、とりあえず「大豆」と宣言してから、後ろに括弧付きで説明したいということなのでしょうか?

──その、最初に概略を述べて後から詳説するという発想自体が英語的で、だから日本語としては気持ち悪いのではないでしょうか?

そして、そういう語順、そういう構成にした場合、妙にバランスが悪く思えるのは「遺伝子組み換えでない」という修飾語が多数の文節からできているせいでしょう。

となると、形としてうまく収まるのは「(遺伝子非組み換え)」とか「(遺伝子不組み換え)」と言った表現でしょう(ここで話は「無洗米」と同じ所に戻ってきます)。

しかし、その場合、「非」や「不」は本来漢語の頭に付くものであって、「組み換え」のようなやまと言葉には通常接続しないという問題にぶつかります。「非連動」や「不自由」ならおかしくないのですが、「非組み換え」や「不組み換え」ではどうも気持ちが悪いのです。

では、どうするか?

当然考えるべきは「組み換え」を漢語で表すことです。ところがこれが却々しっくり来るのがありません。

「遺伝子非操作」でしょうか? ──この表現は確かに現象としては同じものを指しています。でも意味するところが広すぎて、「組み換え」の持つニュアンスが消えてしまっています。

そこから先、どうも良い表現が思いつきません。

結局のところ、この「遺伝子組み換えでない」という表現は、うまく組み換えられなかった表現なのかもしれません。

でも、だからと言ってこれを「表現(うまく組み換えられなかった)」とするのはやはりおかしくないでしょうか?

言葉というものはこういうところから崩れてくるような気がします。たかが大豆とは言え、大事に至らなければ良いと思います。

Copyright©yama-a Oct.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious