沈黙は金

「沈黙は金」を「ちんもくはカネ」と読む人がいて驚きました。が、これは頭が悪いとか教養がないとか言うような話ではないでしょう。多分、小さい頃からそういう表現に親しんで来なかったのだと思います。

今の若い子たちは私たちの時代と比べて、諺や金言・警句の類に接する機会が圧倒的に少ないまま大人になっているように思います。

しかし、沈黙はカネではありません。一方、「時は金なり」はカネです。

つまり、時間をうまく使えば金銭的な儲けを産むことはあっても、ただ黙っていてもカネにはならないということでしょうか(笑)

「沈黙はカネ」でも意味が通るではないか、という反論があるかもしれません。しかし、これには元となる表現があるのです。

「沈黙は金」はフル・バージョンでは「沈黙は金、雄弁は銀」となります。

つまり、金と銀とを対比させて「雄弁に語るのも良いが、口を閉ざしているほうがもっと良い」と言っているわけで、即ちこれはカネではなくキンなのです。

これは英語の諺 Silence is gold, speech is silver を訳したものです(私は学校で Silence is golden, eloquence is silvern と習った記憶があるのですが、調べてみたら違っていました。確かにこちらのほうが s の頭韻を踏んでいて綺麗ですね)。

ちなみに、「時は金なり」も英語の諺 Time is money を訳したものです。

こういう比喩を「暗喩」と言います(「隠喩」とも言います)。では、暗喩に対応する他の比喩があるのかと言えば対照的なものがちゃんとあって、それは「直喩」と言います。

「時は金なり」を直喩で言い直すと、「時間はまるでお金のようなものです/お金のように貴重なものです」みたいな感じになります。

「まるで」とか「ように」などが入ると、間接的に喩えているように思えるので、暗喩のほうが直喩と呼ぶに相応しいのではないかという気もしますが、随分昔からそういう名前がついているので仕方がありません。

同じく暗喩で時間を語った英語の諺に Time flies というのがあります。「時は飛ぶ」──キリッと締まった表現です。

日本語(多分、中国由来でしょうが)ではこれを「光陰矢の如し」と言います。こちらは直喩です。「時間は矢のようだ」──こちらもピリッとした表現です。これを「矢のように(速く)飛んで行く」などと言うと、ちょっと間抜けになります。

さらに、「時間」と言わず「光陰」と言っているところがおしゃれじゃないですか?

光陰とは何でしょう? 「光」=「日」、「陰」=「月」。すなわち、「光陰」=「日月(にちげつ)」あるいは「月日(つきひ)」=「時間」という、まるで謎解きみたいな話です。

今回はとりとめもなく「時間」を題材に比喩について語ってみました。

どうです? お読みいただいて、果たして銀ほどの価値はあったでしょうか?

Copyright©yama-a Nov.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious