大の苦手

最近テレビ番組のサブタイトルや宣伝文句によく使わる「大」に違和感があります。

曰く、大号泣。曰く、大激怒。──どうでしょう、こういう表現気持ち悪くないですか? 私はどうも引っかかるのです。

「大発見」や「大混乱」なら良いのです。──大きな発見や大きな混乱。

でも、「大号泣」や「大激怒」はどうでしょうか?

ただ泣くのでなく、大きな声を出して泣くから「号泣」なのであり、激しく怒るから「激怒」なのです。「大号泣」や「大激怒」には一旦強めた言葉にさらに「大」を重ねる無粋さがあります。

「大」は本来、客観的な無色透明の表現を強めるものです。だから「勝利」に「大」がついて「大勝利」になるのはおかしくないのですが、「大圧勝」とか「大完勝」などとは言わないのです。

「地震」に「大」がついて「大地震」にはなっても、「激震」に「大」はつかないのです。

「混乱」は確かに否定的なニュアンスのある言葉です。だから、私が上で「客観的な無色透明の表現」と書いたことに対して異論があるかもしれません。

しかし、「混乱」は(主観的な判断に基づいているかもしれませんが)単に状態を示した単語であり、ことさら強調はしていません。だから「大」がついてもおかしくないのです。「大騒動」も同じです。

ちなみに「だい」と読むか「おお」と読むかという問題があります。

一般論で言うと、漢語についた場合は「だい」、やまと言葉にそえるなら「おお」と読むのが基本です。

たとえば「大賛成」「大渋滞」「大惨事」「大運動会」「大感謝祭」は「だい」、「大怪我」「大喜び」「大芝居」「大手柄」「大晦日」は「おお」となります。

ただ、言葉というものは却々規則通りには運ばず、結局慣用に従うことになります。「大地震」と「大騒動」はそういうわけで「だい」ではなく「おお」です。

しかし、言葉が慣用に従うものであるということを考えると、この「大号泣」や「大激怒」が大手を振って通用する言葉になる日も遠くないのでしょう。

そもそも「大号泣」どころか、「この記事を読んで号泣した」などという表現さえ誇張が過ぎた言葉の安売りだと思うのですが、大きなお世話でしょうか?

Copyright©yama-a Nov.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious