シャットダウン

最近 PC の電源を落とそうとしてうっかり「再起動」をクリックしてしまい、もう一度立ち上がるのを待ってからシャットダウンのやりなおしをすることが増えてきました。

ま、他にもその手のミスは増えているので、要するに年を取って多少ボケてきたということに尽きるのでしょうけれど、でも、何故いつもここで間違うのかということを考えてみました。

それは多分、Windous10 のメニューから「電源」をクリックすると、「スリープ」「シャットダウン」「再起動」の3つの選択肢が並んでいて、カタカナの中にある漢字表記が目立つから咄嗟に押してしまう、ということがあるのではないかと思います。

それに、カナより漢字表記のほうがなんか“終息感”があるように私には思えるのですが、皆さん、そういうことはないでしょうか?

もしもこれが「再起動」ではなく、「スリープ」「シャットダウン」「リブート」の3つが並んでいたらどうでしょう? 多分、一瞬どれをクリックするか逡巡すると思います。

カナというのはことほどさように意味を取りにくいものではないでしょうか? いちいちカナを英語に置き換えてからでないと意味が思い浮かばないのです。

では、sleep, shutdown, reboot だったらどうでしょう? 私の場合だと、多分これが一番分かりやすいと思います。

カナが英字になった途端に、我々は個々の字ではなく意味の塊としての単語を見ているような気がするのです。

では逆に例えば「休止」「切断」「再起動」だったらどうでしょう? うむ、こうなってくると、それぞれが意味を持つ漢字なので分かりやすそうに思えて、実は2つ以上の漢字が組み合わされることで却って少し分かりにくくなっている気がします。

むしろ漢字ひとつにして「休」「終」「復」ぐらいのほうが分かりやすいのかもしれません。

結局のところ、日本語表記で一番分かりやすいのは何だろうと考えてみると、私は「スリープ」「電源オフ」「再起動」ではないかと思っています。これならカナのみ、カナ+漢字、漢字のみとバリエーションがついていて区別しやすいように思うのです。

でも、まあ、カナであれ漢字であれ、書いてあるのは日本語なわけで、その意味を一瞬にして捉えることができずに押し間違えるというのは、やっぱり単に年を取ってきたということなのかもしれません(笑)

この連作エッセイは、今年はこれで一旦シャットダウンさせていただきます。皆さん良いお年を。

Copyright©yama-a Dec.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious