漢字満喫

年末に台湾に旅行に行って来ました。

中国語の場合、日本人には読み方は分かりませんが、同じ漢字の国だけあって意味は大体解ります。

中国本土ではかなり簡略化が進んでいて、日本人からすると「いくら何でもそれは省略しすぎだろ」と思うような漢字が多いのに対して、台湾の場合は日本語で言う旧字体です。

(以下文字化けを極力避けるために、便宜的に新字体の表記、あるいは同音による書き換えを中心に進めます。ただ、それでも機種依存文字が多いので、ご覧になっている環境によってはちゃんと表示できていないかもしれません。ご容赦ください)

旧字体は日本語の文献でも古いものを読んでいるとよく出てくるので、私は大体解ります。漢文の素養があれば、台湾の標識や掲示は大体意味が読み取れるのです。特に旅も2日目ともなると、日本語との異同が解ってきて一段と面白くなってきます。

地下鉄の中の表示で「関門時請勿進出」──これは簡単です。「関門時ハ請フ、進ミ出ズル勿カレ」。「関」は「閉」の意味です(「とじる」という読みもあります)。「請」は please、「勿」は否定命令の don't です。

関門時請勿進出

あとは日本語とほぼ同じ。ま、日本語なら「門」ではなく「扉」でしょうが。

電車によっては「関門時請勿強行進出」という掲示をしている車両もありました。日本語にするなら、「強行」は「無理に」と副詞的に訳すのが良いのでしょう。

「小心月台間隙」。これは読んで推測がつきました。「小心」は気が小さいのではなく「注意」とか「用心」という感じでしょう。「注意」とは言わないわけではないようです。現に「注意」とか「警告」という掲示も見ましたから。

「月台」は、確か前にもどこかで読んだ記憶があるのですが、「プラットホーム」のことのようです。なんでそうなのかは皆目分かりません。

「間隙」を「かんげき」と読めなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、これは日本語でも「すきま」の意味です(ちなみに「すきま」を漢字で書くと「隙間」ですw)

要するに日本の駅でもアナウンスが流れている、「電車とホームの間が広く空いているところがありますのでご注意ください」ってアレですね。

他に地下鉄の扉に書いてあった文言としては「譲座給老弱婦孺」。これも漢文式に読み下せますよね。「座ヲ譲リ老弱婦孺ニ給セヨ」(笑)

譲座給老弱婦孺

「座」は「席」ですね。この国では、建国の父・孫文のモットーに基づいてのことなのかどうか分かりませんが、優先座席のことを「博愛座」と呼ぶようです。

 

「給」は英語で言うなら provide、いや give away という感じでしょうか?

「老弱婦孺」は「老若男女」みたいな四字熟語ですね。前者があらゆる人々を指すのに対して、後者は弱者の総称でしょう。老人と弱者と婦人と子供。「孺」は「嗚呼、孺子ハ共ニ謀ルニ足ラズ」の「孺」ですね(「豎子」とも書きますが)。

それから「勿倚靠車門」。これはどうやらドアに凭れるなということのようです。「倚」の意味は知ってました。「寄」です(ニンベンかウカンムリかの違いはありますが)。しかし、「靠」というやたら難しい漢字がよく分かりません。

漢字の場合、パーツから想像がつくこともよくあるのですが、この場合「告」と「非」って何ですかね? 「告げない」? いや、それだと文意が全く分かりません。

しかもこの漢字、注意して見るとあちこちに書いてあります。最初、いくつかのケースから推理して、私は「もう少し」とか「さらに」というような意味かなと踏んだのですが、調べてみると全然違っていて、この漢字も「寄る」という意味でした。

その後、男子トイレの便器の上にもこの字を使った注意書きを見つけました。つまり「一歩前に寄れ」という指示なのです。高速道路には「慢速車請靠右」という表示がありました。「速度の遅い車は右に寄ってください」(台湾の車道は右側通行)との意味ですね。

card

日本で見ない字として、他に目についたのはカードの意味で使われている漢字です。そう、クレジット・カードなどのカード。これは私の知識ではどうやっても HTML上に表示できなかったので、右に画像にして貼り付けておきます。所謂「音訳」というやつで、「カード」に似た音である「カ」という音(三声なので car に近い)のこの字をを当てているのです。

で、帰りの空港の待合室のテレビで日本の古い映画がかかっていたのですが、このタイトルが『○門還郷』(○には右の字が入ります)──何だか分かります? ま、実際の映像を観たからではありますが、私はすぐに判りました。『カルメン故郷に帰る』です。

これも謂わば当て字です。「○」が Car- の、「門」が -men の音訳で、両方合わせて Carmen というわけです。「還郷」は読んで字の如し(日本語なら「帰郷」となるところですが)。

逆に日本と同じなのを不思議に思ったのが「出口」でした。人間の顔の一部である「口」という漢字を使って場所を表すのは日本語ならではの感性であると勝手に思い込んでいたのですが、台湾でも「出口」なのです。

「緊急出口」や「出入口」などはそのまま日本語と同じで驚きました。特に「出入口」は台湾でも「出」が先で「入」が後なのです。

あと「旅館」や「民宿」などという表示もありました。「民宿」なんて日本にしかない表現だと思ったのですが、同じ形態の宿舎を指すのかどうかはともかくとして、台湾にも同じ表現があることを新鮮に感じました。

それから、街を歩いていたら「房屋」という看板を掲げた店がやたらとあります。なんじゃろかと覗いてみると、これは不動産屋でした。なるほど、不動産を売るのが不動産屋、部屋(房)を売るのが房屋です(ほんまかいなw)

日本と違っていたのは、「郵便局」が「郵局」、「階段」が「階梯」、「二階」が「ニ楼」となる辺り。

あと、「空港」は「機場」。そうやって並べて比較してみると、台湾語はストレートですが、日本語のほうは「空の港」などと、随分情緒的、ロマンティックな名前をつけたもんだという気がしてきました。

それから、笑ったのは「女装」。これは男性が女性の恰好をするのではなく、「婦人服」のことでした。

さて、最後にひとつ、理解するのに暫く時間がかかったのが、いろんな売り場に書いてある「折」でした。

私は「折り詰め」のイメージから、例えば「五折」なら「5個セット」みたいなことかと思い、ひとつだけ買おうとすると断られるかもしれないと躊躇したのですが、そうではなくて「5割引き」のことでした。

しかし、それにしても、この国では「五折」や「七折」などはどうやら当たり前のようで、そっちのほうが何だか微笑ましい気がしたのでありました。

まだまだあるのですが、あまりに長くなってもいけませんので、今回はここらで一旦筆を折る、いや、筆を置かせてもらいます(笑)

Copyright©yama-a Jan.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious