エクセルの表

会社で資料を説明するときに「次にエクセルの表を見て下さい」などと言われるのがなーんか気持ち悪いんですよね。そんなことありません? 私は、どうしてわざわざ「エクセルの」と付けるのかな?と引っ掛かってしまうのです。

言われたほうは、それが MS Excel で作成されたものかどうか一見して判るはずがありません。まさか Lotus 1-2-3 ではないにしても、Appleユーザによるものなら Numbers で作った可能性もあります。

いや、こう反論されるかもしれません:

「その可能性は極めて低い。何故なら会社が支給しているのは全て Windows PC で、その全機に標準搭載されているのが MS Excel なんだから」

でも、そうであれば、なおさらことさらに「エクセル」という作成アプリケーション名を添える意味も必要もないじゃないですか?

それに、見た目は表形式であっても、実は MS Word の作表機能を使って書いたものかもしれません(まあ、デフォルトのフォントなどが違うので、あまり細工をしていなければ、それが Excel なのか Word なのか見分けはつきますが)。

あるいはもしかすると Google Chrome で参考資料を閲覧したついでに Google docs の「スプレッドシート」で書かれたものかもしれません。

なのにわざわざ「エクセルの表」と名指しされると、「手許にあるこの資料が果たして MS Excel で作ったものなのかどうかを、どうやって見極めれば良いのだろう?」と、私は深い悩みの底に沈んでしまうのです。

──などと言うと、私の直接の知り合いや古くからの読者の方なら「お前らしい」と喜んでくれるかもしれませんが、そうでない方には大げさすぎますかね(笑)

でも、どうして単純に「表」、あるいは「一覧表」とか「集計表」ではダメなのでしょう?

MS Word で作成した文書を指して「ワードの文書を見てください」と言いますか? ええ、確かにそう言う人もいないではないです。でも、「エクセルの表」と言う人よりは少なくないですか?

ま、いずれにしても気持ちは悪いんですけどね(笑)

中には MS Word ではインデントがうまく設定できないからという理由で、全ての文書を MS Excel で作る人もいます(皆さんの会社にもいるでしょ?)。Google docs の「ドキュメント」の可能性もあります。

だから、「ワードの文書」と言われても、これが本当に MS Word で作られたかどうか確信が持てない私は、ま、途方に暮れるとは言いませんが、やっぱりちょっと気持ち悪いのです。

「なんでそんな細かいことをいちいち…?」と言われるかもしれません。

ええ、気にせず流せば良いのかもしれませんが、こういうことって、人生のどこかの時点で一旦気になり始めると、もうどうしようもなく気になり続けるものなんですよ。気にならない人は一生気にならないんでしょうけどね(笑)

でも、不思議なことに、そんな私がプレゼンテーション資料のことを「パワポ」と呼ぶことは少なくないのです。

上で自分自身が書いたことを当てはめると、それが MS Powerpoint で作成されたものであるという証拠はどこにもないにも拘らず、です。はい、これは我ながら筋が通っていません。

Apple ユーザなら Keynote で作った可能性が大です。Google docs の「プレゼンテーション」かもしれないじゃないですか。

はい、その通りです。にも拘らず何故「パワポ」と言ってしまうかというと、「プレゼン資料」では長いからなのです。他に適切で短い言い方がないからなのです。

少なくとも「パワポ」と言えばそれがどんなものかは伝わりますし、「プレゼン資料」の半分以下の長さになります。だから、「パワポ」という言葉で資料全体を指すことはあっても、「パワポのプレゼン資料」とは決して言いません。

そう、私が「エクセルの表」や「ワードの文書」という表現を気持ち悪く思うのは、不必要な修飾語が付いているからだけではありません。不必要な修飾語が付くことによって、元の表現より随分長くなっているからなのです。

昨今なんでもかんでも短縮する風潮を良くないと言う人はいます。でも、逆に、特に意味もないままわざわざ長い表現を使うことにはメリットがないし、それを気持ち悪いと考えるのもそれほど変なこととも思わないのですが、如何でしょう?

なお、このページの原稿は(と言うか、私のネット上のほぼ全ての文章の原稿は)ワードではなく、Windows のアクセサリに入っている、ワードパッドで書いています。だから「ワードの原稿」などと言わないでください(笑)

Copyright©yama-a Jan.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious